カテゴリー「デジブック」の25件の記事

2011年9月28日 (水)

№1,361 三陸の津波現場を見て歩記

 田沢湖高原で皆と別れた私は、車で岩手県に向かった。せっかく車で来たので、今回は三陸海岸の津波の被災地を見て歩こうと思った。そして、最初に向かったのが陸前高田市である。田沢湖からは、車で3時間半ほどかかった。

Img_6130Img_6149


 私は、陸前高田市は初めての訪問である。この町の市街地は、どうやら海に面して広がっていたようだ。その街が、ほぼ壊滅状態なのにはびっくりした。あちこちに瓦礫の山がある。さすが6ヵ月半もたち相当整理が進んでいるようだが、自動車の山、瓦礫の山、材木の山、鉄くずの山がうづ高く積まれていた。

 3階建の市役所は屋上まで津波が押し寄せたのだろうか、建物は跡を残すのみだった。玄関には献花台があり、思わず手を合わせて犠牲者の冥福を祈った。市役所の前にある市民会館の玄関には、車椅子が一つ残されていた。この街で津波でお亡くなりになった方は岩手県最大で、1952名に及ぶという。

Img_6156 街の繁華街であっただろう地は、今でも瓦礫の山で、人っ子一人通っていない。海岸沿いにあっただろう野球場は、地盤沈下のせいで半分水没している。海岸沿いはきれいな松林だったようだが、いまでは一本の松がポツンと残されていた。その松も、塩害のせいだろうか、枯れかかっているのが哀れだった。堤防にも一本、枯れた松の幹が残されていた。

 延々と広がるかつての市街地が、今では瓦礫の山を残す無人地帯と化しているのに、あらためてこの地震津波の恐ろしさに身震いした。

 陸前高田市に思いを残しながらも、20km先の気仙沼に向かった。この街の被害の大きさも報じられている。9月7日現在の気仙沼の死者・行方不明者は1407名という。この街は、サンマの水揚げで有名な漁港の街だった。

Img_6173 街の真ん中に何千トンもある船が打ち上げられ、そのままになっていた。高さが50mもあるだろうか、船が倒れないように支柱がしてあった。あちこちに船の残骸も見られる。地盤沈下の影響だろうか、港も水をかぶって沈下していた。

Img_6175 港付近の壊滅状態は陸前高田市と同様だが、市街地も地震の影響で傾いている家が多かった。街を歩いている人をほとんど見かけない。皆さん、この街を捨てて避難しているのだろうか。

 この様子を見て、震災復興はまだ緒にも付いていないな、と実感させられた。

 さらに南下し、南三陸町を目指した。この街は7割の家が津波で流され、900年にのぼる死者・行方不明者が出た町である。海岸には高い堤防が設置され、どんな津波でも大丈夫と安心していたようだ。

Img_6189


 その堤防をやすやすと津波は越え、粉々に壊してしまったという。津波の破壊力、凄まじいまでの力に、今さらながら驚かされた。ニュースで見る、話しに聞くのと実際に見るのではまるきり違うことを実感した。

 この三陸海岸を走っていた【南三陸鉄道】もあちこちで寸断され、存続の難しさを実感した。

 

 デジブックにしたので、皆さんにも実際の災害を見ていただけたらありがたい。百聞は一見に如かずである。

 今年の6月に震災ボランティアで多賀城に行ったが、また行こうよという話も持ち上がっている。現場を見歩いて、被災地の復興に、微力だが、さらに力を添えたいと強烈に思って帰って来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

№1,203 デジブック【弘前の旅】

027

 昨日の記事の続きとなる。弘前城の桜見物をデジブックにしたので、ご覧いただきたい。

 どうやら、弘前は桜の季節だけではなく、それぞれの時期時期で見所があるらしい。

 夏の【弘前ねぷたまつり】は8月1日~7日、【菊と紅葉まつり】が10月中旬~11月上旬、【弘前城雪灯籠まつり】が2月上旬と、1年を通して楽しめる。

 桜の季節以外にも訪れたい町だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

№1,179 【六義園】庭園、再訪

P4030027

 先日訪れた【六義園】の枝垂れ桜のあまりに見事な姿をうちの奥さんに話したら、満開のうちにぜひ見たいというので一緒に再訪問した。日曜日というのに少し寒かったせいか、観桜客はそんなに多くはなかった。

 私は何度もこの庭園を訪れているのだが、不覚にして女房は初めてという。そうか、一緒に来たことはなかったのだ。見事な【枝垂れ桜】に驚いていたのだが、植えてからまだ50年しかたってないと聞き、2度びっくりしていた。

 しばらくこの桜に見とれていたが、庭園も散策してみた。都心の真ん中にあるこの大きな庭園の見事さに、あらためて感激しているようだった。

 先日も桜を撮っているので、今回はデジブックにしたのでご覧いただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

№1,172 いつもの【たけしそば】兼お花見

Img_5194  ブログ仲間の松ちゃんのお誘いで、松ちゃん行きつけの【たけしそば】でお昼を食べ、近くの慶福寺でお花見をしてきた。今日参加したのは、松ちゃんの大変な努力もあり9人だった。

 ブログ仲間のほかに、いきがい大学のクラスメートも参加してくれた。このお店にはいつも驚かされるのだが、お通しに鍋料理、大盛のソバにてんぷらが付いて1000円と馬鹿安だ。

Img_5192 Img_5193  せっかくなので、お昼の会合とはいえ、ビールを飲んだ。焼酎や日本酒の差し入れがあったのだが、ほとんど手がつかなかった。

 どうしても、話題は今回の大震災に集中する。さらには【計画停電】だ。今回参加してくれたOndaさんは、昨日話題の騎西高校に自転車で行ってきたらしい。「風が強くて、行きはヨイヨイ。帰りは逆風で、本当に疲れてしまった」とため息をついていた。

 1時間半ほどの懇談の後、近くの慶福寺でお花見をしてきた。花はまだ2~3分と満開には程遠かったのだが、境内ではお花見をしていた。お団子とお抹茶をいただき、住職さんとしばらく仏教問答をして帰ってきた。

 お花見の様子をデジブックにしたのでご覧いただきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

№1100 上野東照宮の冬ボタン苑

P1140025   朝晩はとっても寒いとはいうものの、風のない昼日中はポカポカ暖かい。北国の猛吹雪ニュースに、申し訳ないような気分になる。東京に出たのをきっかけに、上野東照宮の【ボタン苑】で寒牡丹の見学をしてきた。この【ボタン苑】は、1月1日に開園し2月中旬まで続くという。私は初めて訪れた。

P1140102  カメラ持参の老人が多かった。苑内を散策し、満開の牡丹に満喫した。このボタン苑には花の名前とともに、俳句の看板があった。そうだ、「俳句のデジブックを作ろう」と思い立った。ぜひ、デジブックで一緒にボタン苑を楽しんでください。

 ボタンはそれぞれ菰で覆われていたが、その雪囲いには次の説明があった。『蘇鉄などの草木を霜雪の害から守るために、ワラなどで囲って覆う。冬ぼたんのワラボッチ(藁囲い)もそのひとつである』。

P1140113  苑内には、俳句投稿板があり、様々な投げ俳句が読まれていた。中には外国語で書かれているものもあり、英語・ロシア語・中国語・タイ語等が読めた。ここにも国際化の影響があって面白い。その一つを紹介したい。

"To the wonderful year gone by and the new wonderful year yet to come. HAPPY NEW YEAR and PEACE to all. "

| | コメント (0)

2010年10月21日 (木)

№1011 伊奈町バラ園を訪ねる

 10月も中旬になると、あちらこちらで「秋のバラ園が開かれている」との報道に接する。春のバラも良いが、秋のバラはまた良い。

 埼玉県民活動センターの近くに、埼玉県でも有名な「伊奈町バラ園」があるので出かけてみた。春の「バラ園開園」には大勢の人が押し掛け有料となるが、秋は人もまばらで、無料で解放されているバラ園の散策ができる。

 バラの花の芳香は強い。近くに寄っただけでも、強い香りが漂っていた。

 少し時間があったので出かけてみた。平日のせいか、訪問客はまばらだった。静かに、しかもゆっくり鑑賞できた。デジブックにしたので、一緒に観賞を楽しんでいただきたい。

 今回のデジブックには、いつもよりも手間暇をかけ、若干の工夫を凝らした。テーマを【俳句】スタイルとし、薔薇に関する俳句を詠んだ著名な俳人の詩を配してみた。さらに、薔薇の名前と産地を書き込んだ。BGMの音楽はヒーリング系とし、癒しのテーマで作ったデジブックだ。

 写真の出来具合も含めて、われながらいい出来栄えと“自画自賛”している。 

| | コメント (3)

2010年10月18日 (月)

№1008 川越まつり

Pa170019  【川越まつり】を初めて見物してきた。川越の街は、テンテケテンと祭囃子で活況を呈していた。暑くもなく、寒くもない陽気で、ちょうど祭り見物日和だった。

 実は、自宅から川越までは30分と近いのだが、この【川越まつり】は見物したことがない。昨晩のテレビでお祭りのニュースが放映されていたので、ぜひ行ってみようということになった。

 車だと相当混雑が予想されるので、早めに家を出た。川越に着いたのは10時前で、まだ交通規制がなされる前だった。スーパーの駐車場に停めさせていただいて、祭り見物に出かけた。

 お話を伺うと、川越には29台の山車があるのだが、今回出されたのは17台とのことだ。なぜ全部の山車が出ないのか聞いてみたら、この山車を出すには、ものすごく金と人がいるとのことだ。

 【川越まつり】が始まったのは江戸時代前期というから、400年近い歴史のある祭りのようだ。山車も、歴史を読むと江戸時代につくられたのが大半という。

 デジブックにしたので、ご覧ください。ちょうど、ブログ仲間の松ちゃんも同じ場所で見学していたようで、デジブックになっていた。その頁もご覧ください。

| | コメント (0)

2010年10月 9日 (土)

№999 学園祭の予行練習

 9月に【課題学習発表】が終わり、彩の国いきがい大学ではホッとする間もなく、【学園祭】の予行練習に突入だ。【学園祭】が2週間後に迫り、尻に火がついた格好だ。学校の休みの日にも登校し、猛練習を重ねている。

 私が出演するのは、クラスの演し物【10代若返る秋冬コーデネートショー】と題するファッションショーと、【太極拳クラブ】の24式太極拳の完成した姿だ。

 クラスのファッションショーは、【カントリースタイル】、【スポーツスタイル】、【タウンスタイル】の3ジャンルに分け、それぞれが思い思いに着飾ってくるのだ。トータルコーデネーターはいつものNekoちゃんだ。

 それぞれが着飾って、20メートルの赤い絨毯の上を、腰をくねらせながら歩く。見ているものは大笑い。本人も笑いが絶えない。それでは、本番前に何人かのスタイルをお見せしよう。あまり楽しかったので、デジブックにしてみましたよ。

  フライイングかもしれないので、このブログを見た方は、学園祭当日まで秘密にしておくこと。

 ファッションショーで絨毯の上を歩いた後は、みんなで【銀座カンカン娘】の唄に合わせ、舞台の上で踊るのだという。これもコーデネーターは姉御のさっちゃん。何度か練習するうちに、踊りがだんだん揃うようになってきた。

 他のクラスからも、当日が楽しみというエールを寄せられている。それでは、当日をお楽しみに!!!

| | コメント (0)

2010年8月29日 (日)

№957 浅草【サンバカーニヴァル】

 昨日は、【第30回浅草サンバカーニヴァル】が行われ、見に行ってきた。初めての見物である。ものすごい人の波だった。こんなに見物人が多いとは驚きだ。

 久し振りの浅草には、にょきにょき大きな【東京スカイツリー】が間近に育っている。来年の3月には出来上がるという。また、大きな浅草の名物ができた。

 サンバカーニヴァルの各チームの衣裳を凝らした姿は素晴らしいものだった。サンバのリズムに、観客も浮かれていた。自然に体が動く。そして、何よりも女性の姿がまぶしかった。

 浅草のサンバの盛り上がりを久し振りにデジブックにしてみた。時間と興味のある方はご覧あれ!!!

| | コメント (0)

2010年4月19日 (月)

№825 デジブック【北京旅行】

  ブログ仲間みっちぃに先日聞いてみたら、彼女のデジブックはすでに100冊を超えたという。私も彼女に触発されて、【中国旅行】のデジブックを作ってみた。
 北京旅行から帰ってきて、もう2週間にもなる。時間のたつのは早いものだ。忘れないうちに、この楽しかった思い出を、デジブックに残しておこうと思う。私にとっては、18冊目のデジブックだ。
 旅行記には載せなかった写真を中心に、デジブック【素晴らしい北京旅行記】を作製した。30枚ほどの写真が掲載されている。
 時間の許す限り、どうぞご覧ください。
 ただ、このデジブックは画像が出るまでが遅いので、気の短い人も、気長に画像の出現をお待ち下さいね。

| | コメント (0)