カテゴリー「いきがい大学」の154件の記事

2013年9月10日 (火)

№2085 第18回いきがいゴルフコンペ

 『第18回いきがいゴルフコンペ』が、秋晴れの【東武藤が丘カントリー倶楽部】で開かれた。これは、いきがい大学を卒業した仲間で結成されたクラブが、年4回行っている定期ゴルフコンペである。

 今回コンペを行ったゴルフ場は、いままで何度お誘いをしても決して首を縦に振らなかったOnちゃんのホームコースである。彼を無理やり引っ張りこむには、彼のホームコースでやるしかあるまい。彼が今まで参加しなかったのは、「自分はゴルフが下手で、やむをえないゴルフコンペにしか参加しない。しかも、絶対練習になど行かない」のが原因のようだ。

P9090001  【東武藤が丘カントリー倶楽部】は、東北自動車道佐野藤岡インタ―を降りて約5分ほどの絶好の場所にあった。集合1時間半前に自宅を出たのだが、早く着きすぎると思い、途中からゆっくり走った。それでも自宅から約50分で着いた。私は初めてプレーするコースだが、建物もコースも、相当バブリーなゴルフ場のようだ。

 メンバーがいるので、格安にプレーできたのは有難かった。この日参加したのは、3組12名である。このメンバーもほとんど固定してきている。

P9090002  コースが近かったせいか、時間前にほとんどのメンバーが勢ぞろい。記念写真を撮ってスタートだ。前日までの雨と打って変わり、この日は、秋の爽やか風が吹いていた。日陰に入ると、ヒンヤリしている。いよいよ秋だね。

P9090012P9090013P9090015  私がこの日一緒に回ったのは、同じクラスのTokuさん、太極拳クラブで一緒のHiraoさん、それにHirokoさんだ。

 Tokuさんは私より10歳も年上だが、そのゴルフのステディさには定評がある。さすが若い時のようには飛ばないが、ほとんどがフェアウェー確保だ。爆発的なスコアは出ないが、乱れない。Hiraoさんも私の先輩だが、彼のゴルフも言ってみれば枯れたゴルフだね。安心してみていられた。

 圧倒的に若いHirokoさんは、若いだけにまだまだゴルフに乱れがあった。スタートホールは左に曲がり、OBを打ってしまった。「私、ドライバーが全然だめなのよ」と言っていたが、スタートホールがダメなだけで、他は芯でとらえ、結構飛ばしていたね。いつも旦那と一緒に参加してくれているのだが、むしろ旦那より上手なゴルファーだ。

P9090014  私といえば、このところ絶好調だ。この2回のゴルフは、いずれも80台を確保している。さて、この日はどうだろうか。

 同伴者もビックリするほど、私のドライバーはほとんどがフェアウェーの真ん中に飛んでいた。しかも、210ヤードほどの飛距離だ。さらに、新たに仕入れたアイアンが飛びと方向性を保証する。久し振りにゴルフが楽しいね。

 スタート2番から4番までがパーだった。2回ほどダボを打ったのも、1メートル以内のパットをはずしたのが原因だ。パターだけは、いくら調子が良いといっても、その日の気分しだいだ。本当にママにならない。

 それでも午前中は思い通りのゴルフが出来たのだが、午後は乱れてしまった。原因は、まだ新しいアイアンの飛距離を正確に測れないせいだ。145ヤードを7番アイアンで打ったら、大きくオーバーした。さらに、135ヤードを8番アイアンで打ったら、これもオーバーだ。深いラフに入った残り108ヤードをピッチングで打ったら、これも大きくオーバーだ。それぞれ、一番手下のクラブで打つ必要があったのだ。それでも、大体が満足できるものだった。

P9090020  優勝したのは、Hirokoさんの旦那・Susumiさんだった。彼は前回のコンペでブービーだった。ゴルフがあまりにも下手なので、もうやめようかと考えていたらしい。奥さんに「少し練習したらどうなの」と勧められ、この間3回ほど練習に行ったらこの成績だ。矢張り、練習はウソをつかない。図に乗って、「オリンピックが開かれる7年後まで、自分はゴルフをやるぞ」と決意を語っていた。

P9090018  有難かったのは、このゴルフ場のメンバーOnちゃんだ。何でも妹さんがこのゴルフ場のすぐ近くに住み、ブドウを栽培しているのだそうだ。全員にブドウ一箱を差し入れてくれた。有難く頂戴した。

 それより何より、今日プレーしたゴルフ場は、林間でフラットと本当に良いゴルフ場だった。このコンペはひどいコースで何度もやっているが、次のコンペもこのゴルフ場でと、帰りに忘年ゴルフを4組で予約をした。

【この日の成績】

OUT44(19) IN51(19) TOTAL95(38)

| | コメント (0)

2013年9月 7日 (土)

№2081 サポートセンター研修会に出席

 埼玉県民活動総合センターから電話があり、「市民活動サポートセンターの研修会があるから、出席してくれませんか」と要請された。たまたまその日は空いていたので、要請に応えて出席することにした。しかし、どんな趣旨の会なのかが分からない。

2013_0906_132043p9060002 当日は会の始まる45分前に、打合せの会があるという。出てみたら、彩の国いきがい大学の卒業生10人が来ていた。それぞれが矢張り県活からの電話要請で、出席したらしい。半分くらいは知り合いだった。そして、この日の研修会の出席者は、各市のサポセン担当者を中心に70名ほどだった。

2013_0906_123045p9060001 この日の会の正式名は【埼玉市民活動サポートセンターネットワーク研修会】という長たらしい名前の会で、いきがい大学の卒業生にはアドバイザーとして参加するようにとのことらしい。他の出席者は、埼玉県各市の市民活動サポートセンターの関係者のようだ。埼玉県には27の市にサポートセンターがあり、年一度その担当者が集まって、県活で研修会をやっているらしい。

 主催者の挨拶に引き続き、春日部市と文京学院大学の事例発表があった。春日部には【ぽぽら春日部】という団体があって、どういう取り組みをしているのか、その現状と課題について発表された。パワーポイントをみていると、駅前に立派な施設があるようだ。また、文京学院大学はふじみ野市にあり、土曜日曜は全学をあげてボランティアを実施しているとの報告だった。

2013_0906_144722p9060004 第二部はワークショップ報告があり、【彩の国いきがい大学】の地域活動状況と、卒業生の具体的なボランティア活動の発表があった。発表者は、前イナヴォイス代表のSuzukiさんだ。私のようにいきがい大学卒業生にはよくわかる話だったが、果たして第三者にはこの内容がわかったのだろうか。

 案の定、会場からは「いきがい大学の卒業生は自分たちだけで自己完結していて、なかなか他の人は入って行けないのではなかろうか」という質問も出ていた。ウ~~ム、そうかもしれないね。

2013_0906_163330p9060006 最後に、10のグループに分かれ、サポートセンターはどのようにしたら機能するのか具体的に考えてみよう、という課題が各グループに与えられた。そもそも、【サポートセンター】という名前を初めて聞いた私にとっては、なかなか難しい課題であった。

  何で自分がこの会に呼ばれたのかが最後まで疑問だった。帰りに県活の担当者でもある可愛いMouriさんに呼び止められ、「ブログ読んでいますよ」と声かけられた。そうか、彼女の曳きでこの会に呼ばれたのだな。それなら納得できた。

| | コメント (0)

2013年6月28日 (金)

№2010 東京駅周辺の見学会

2013_0627_091814p6270001 彩の国いきがい大学の校友会、「地域創造クラス会」のよ呼びかけで、【日本銀行本店等】の見学会に参加してきた。この日の参加者は19名だった。あれだけ頻繁に会っていた仲間とお会いするのも、4月以来だからほぼ2か月ぶりだ。

 仲間と会うのは楽しいものだ。私もこの日を楽しみにしていた。朝、8時10分に大宮駅のホームに集合し、京浜東北線で神田まで行った。別ルートできていた仲間とも合流し、目指すのは【日本銀行本店】だ。駅から歩いて10分程のところにある。

 この日の幹事Takaseさんは実に面倒見がよく、多分下見に3~4回はきていたのだろう。自分勝手で、周りに気を使わない老人連をよく掌握していた。私は日本銀行の周りは仕事でよく通ったが、中に入るのは初めてだ。

2013_0627_092403p6270005 【日銀本店】の建物は重要文化財になっているとかで、今は実際の業務はやられていないようだ。20分のビデオを観て、ガイドの指示に従って建物を見た歩いた。最初に訪れたのは地下金庫だ。金庫の扉は、厚さが90㎝もある頑丈なものだった。中は耐火れんがに覆われており、関東大震災でもピクリともしなかったらしい。残念ながら撮影禁止とのことで、写真は撮れなかった。

 金庫の中には、パレットに積まれた札束や、金塊の塊が積まれていた。「札束一個でも良いし、金塊一塊でもいただければ、わが人生の視界が開けるのに」と溜息をつく仲間がいた。一個の金塊で6300万円ほどするのだそうだ。もちろん、飾られていたのは模擬の金ではあった。ただ、ここだけの秘密の話だが、お土産に50万円ほどいただいてきた。使用済みの紙幣を細かく断裁してはいたが…。

 2階に上がると、歴代の日銀総裁の肖像画があった。戦後の日銀総裁の名前を聞き知っているのを見ると、むしろ総理大臣の名前よりも影響力があったのだろうか。

2013_0627_105042p6270007 日本銀行本店の見学を終えて、次に向かったのがその真向かいにある【貨幣博物館】だ。貨幣の歴史や、その役割等が展示されていた。なぜか知らないが、外国人の入場者も見られた。日銀の見学は事前予約が必要のようだが、ここは入場無料でいつでも入られる。ここでも1時間ほど見学をした。

2013_0627_121241p6270012 ちょうどお腹が空いたころを見計らって、矢張り幹事が予約していた昼食会場に向かった。東京駅前のOAZOという建物にあるレストラン街だ。和定食が用意されていたが、お新香とジャコはお代わり自由とのことだ。もちろん、ご飯のおかわりも自由だった。生ビールを頼んだのはもちろんのことだ。

 昼食がすんで、私はこのビルに入っている丸善を一周した。

 午後は、矢張り歩いて5分ほどのところににある【逓信総合博物館】見学だ。東京駅から歩いて10分程の一等地にあるのだが、なにか雑然としていてまとまりのない博物館だったね。相当にお金を掛けていることは分かったのだが…。

2013_0627_143101p62700162013_0627_143839p6270018


 さて、幹事が次に連れて行ってくれたのは、新装なった【東京駅】だ。南口の天井ドームは、芸術的だね。この前で記念写真を撮った。

2013_0627_144902p6270020 「この東京駅を上空から眺める事の出来る絶好ポイントが出来たのだ」と、連れて行ってくれたのが、目の前にあるKitteビルだ。前の東京中央郵便局だ。なるほど、丸の内や八重洲まで眺められて、良い景色だった。「兄貴はどうしようもないが、弟はなかなかやるじゃないの」と、鳩山兄弟の評価が下った。

 このKitteビルマ、東京大学とのコラボによる展示館にもなっていたが、いろいろなものが雑然と並んでいたね。もう少し整理すればいいのに、とぶつぶつ独り言を言った。もちろん、東京駅の真ん前にある無料の展示館だ。

 それにしても、丸の内は新しいビルもどんどん建って様変わりした。ビジネス街だったはずの場所に、急に観光客が押し寄せているようだ。帰りは、有志でご苦労さん会の乾杯をやったのはもちろんのことだ。

【6月27日の歩行記録】

14,304歩、9.94㎞、1時間47分、572.3カロリー

| | コメント (0)

2013年4月25日 (木)

№1946 校友会最後の会合

2013_0424_163701p4240001 先週の金曜日に校友会総会が開かれ、私は無事に降板で来た事はすでに報告済みである。そして、新旧理事の【ご苦労さん会兼交流会】が、いつものさいたま新都心にあるビューテラスで開かれた。

 この会場は31階にあり、埼玉スタディアムも望めて、見晴らしがものすごく良い。さらに、某官庁の専門食堂とかでベラボーに安く、いきがい大学の会合の御用達飲み屋に化している。私も何度も利用させていただいた。

 この日の参加者は26名だったが、大半の人が前日の【いきがいゴルフ】で一緒の仲間だった。

 校友会が設置されてもう2年になるが、大半のメンバーがもう顔なじみだ。なかには2年間一緒に理事をやり、さらに3年目もやっていただけるという人もいる。4つのクラスがあるのだが、クラス事情によって任期は様々だ。

2013_0424_190202p4240012 私も2年間、校友会をやらして頂いたが、実に楽しかった。それは私に力があったからというよりも、皆さんがものすごく協力的だったからだと思う。一緒に2年間理事をやっていただいたTaeちゃんも、「実に穏やかな理事会だった。シンさんのハンドリングが上手だったのよ。私も楽しかったわ」とお褒めの言葉をいただいた。

 実を言うと、私はものすごく短気だ。すぐに喧嘩腰になってしまうという欠点もある。ただ、上に立つと我慢が大事だと教えられた。いかに自分を出さずに、相手の意見に乗るように装い、実は自分の方針を貫徹するとうやり方が身についたような気がする。

2013_0424_171843p4240005 この日の挨拶でも話したのだが、「校友会会長挨拶を相当力を込めて行ったのだが、評価してくれたのは唯一仲間のYagiちゃんだけで、とても寂しかったよ」と言ったら、同情を買った。皆さん、良い演説だったと思ったようだが、ただ表明しなかっただけだよ、という声が上がった。

 次期の会長は、わが太極拳仲間のKonちゃんだ。彼の手腕は誰もが認めるところで、私の指名に二つ返事で答えてくれたのは有難かった。私の路線が、次の理事会にも継承されていくのは嬉しい。

2013_0424_190127p42400102013_0424_171827p4240003


 わがクラスからも有力理事が出ている。副会長兼総務部長のAoちゃんと会計主管のShikoちゃんだ。二人とも、私の気の合う仲間だ。この一年間、力を発揮してくれるに違いない。

 こういう会合で他のクラスの人と話すと、いろいろな発見がある。今日驚いたのは、次期副会長のSakamotoさんだ。彼は、生まれが信州須坂だという。須坂には私のポン友Akio君が住んでいる。その話をしたら、どうやら実家は隣で、小さいころによく遊んだ仲だと言っていた。ヘエ~~、そんな事ってあるんだ。

 仕事を超えたこういう仲間だからこそこの偶然も生まれるのだと、あらためて仲間の大切さを思った次第である。

【4月24日の歩行記録】

4,768歩、3.33㎞、33分、157カロリー

| | コメント (0)

2013年4月23日 (火)

№1944 【まろにえ会】定例会

 いきがい大学卒業生で結成している地域団体【まろにえ会】の定例会があり、参加してきた。この団体はわが住む町の有志で結成し、この地域でのボランティア活動をやっていて、もう18年にもなる会だ。

2013_0422_094204p4220001 実は私は不良会員で、申し訳ないがほとんど活動出来ていない。この定例会に出るのも半年ぶりくらいだ。あまりにも申し訳ないので退会しようかと考えているのだが、同期のOnちゃんが「名前を残しておくだけでも良いから参加しておきなさい。活動は、私が替わってやるから心配ない」との仰せで、まあ言ってみれば幽霊会員のようなものだ。

 【まろにえ会】は、いつも感心するのだが、本当に活発に活動している。定例会では、前月の活動報告と、次月の活動予定が発表されるのだが、それぞれの活動への参加協力者が多い。活動の主なものは、墨絵の描画介助、絵手紙の作成、囲碁の介助、保育園での活動、もの作りの指導、病院・老人施設でのボランティア、様々なフェステバルへの参加等実に多彩である。

 さらに、研修や親睦のために、時期時期の飲み会、ハイキング、一泊旅行、グラウンドゴルフ大会、新人歓迎・昼食会等の催しも開けれている。いつもこの会に出ては、その活動に圧倒され、へこんで帰ってきている。

 たまたま出席したこの会は【第19回定期総会】の日だった。そして、お昼には、新人歓迎の昼食会が開かれるという。私は聞いていなかったはずだが、Onちゃんが「いや確かに伝えて、昼食会への出席も予定している」と言っていた。やれやれ、今日休まなくて良かった。

 今年の新入会員は13名だった。アレ、聞いたことがあるような名前があると思ったら、ブログ仲間の昭jijiの奥さんだった。昭jijiは、2年ほど前にこの会を退会したが、奥さんが新たに入ってきたのだ。「主人は主人、私は私」と言っていた。そして、次月の活動に早速手をあげて参加を申し出ていたのには感心した。

 総会では、前年の活動についての発表があった。この一年間で延べ1300人の方がボランティアに参加、一人当たり約20回であるとのことだ。私のように一回も参加しない会員がいるので、アクティブ会員の活動は凄いものだ。いきがい大学は60歳からの入学なので、この会に入って活動する年齢は遅い。会員の平均年齢は74歳というから、皆さん、ものすごく元気だ。

2013_0422_120812p4220007 さて、昼食会は近くの飲み屋さんで行われたのだが、Yokoさんが「シンさんがこの会に参加するのは、飲み会の時だけよね」と皮肉を言っていた。そういうYokoさんもあまり定例会では見かけないが…。同郷のMarekoさんと会うのもこの会でだ。私はてっきり5~6歳も上かと思っていたら、1歳しか違わないのだそうだ。「私を幾つと思っていたのよ」と少々オカンムリだった(Yokoちゃん、ブログ載せないでと注意を受けたがゴメン)。

 昼食会に参加したのは52名だった。し会は、これも軽妙で鳴るOnちゃんだ。彼は声がデカイのと、機知にとんだ話ぶりで、どこに行っても人気者だ。

2013_0422_120855p4220011 この日も、わが校友会で行った『お年寄り川柳』を紹介し、やんやの喝さいを浴びていた。これも彼の三題噺であるのだが、「老人に大切なのは、キョウヨウトキョウイクである。キョウヨウとは今日何かやる用事があるということであり、キョウイクとは今日行くところがあるということだ」と話し、皆さん納得していた。

 そして、この日新たに参加した方が、次々と自己紹介をしていた。彼らの話では、この日の定例会での活動にビックリしたとの話が出ていた。

2013_0422_120710p4220003 これもいつも言われることんのだが、Nakamura会長に、「シンさん、校友会を降りたそうだが、今度は【まろにえ会】で活躍してよね」と、この日も声を掛けられてしまった。そうだよね、いずれ私もデビューしなけれが、と常に思っている。

 最後に、私の一期下のKunihikoさんから「毎日、シンさんのブログを楽しみに読んでいます。アクティブな行動に常に敬意を表しています」と声を掛けられ、恐縮してしまった。ここにも読者はいたのだ。

【4月22日の歩行記録】

8,524歩、5.95㎞、1時間02分、280.3カロリー

| | コメント (2)

2013年4月19日 (金)

№1940 県活通いの山を超える

2013_0419_091727p4190001 このブログに何度も登場する【埼玉県民活動総合センター(略称:県活】であるが、この県活通いの山を越えようとしている。

 今週は最後の山で、ほぼ毎日、県活通いの日が続いた。日曜日午前は打ち合わせ、火曜日は朝からブログ仲間の会、水曜日は午前は県活コピーセンターでの印刷・午後から太極拳クラブ、木曜日午前は引継ぎの打ち合わせ、そしてこの日金曜日は、校友会総会があった。

 県活に行くと必ず会うKohnoさんが、「本当にシンさんとはよく会うね。毎日通っているんじゃないの」と言っていた。そういうKohnoさんこそ、私としょっちゅう会っているということは、やはり通いづめじゃないかな。矢張りここで会う人は、圧倒的にいきがい大学校友会の関係者だ。

 私はこの県活に、車で6.5㎞、12~3分と近いので、通うことはそんなに苦じゃないが、遠くからやってきている人は大変だ。春日部や熊谷から通ってくる仲間は、少なくとも一時間以上かかるのじゃないだろうか。それでも、この県活に来ると、誰か彼か仲間に会えるのが嬉しい。

2013_0419_115842p4190004 この日は、わが期の校友会総会があった。そして、2年間にわたり校友会会長を引き受けてきたわけだが、無事降板する事が出来た。校友会の仕事をやっている間は、県活にはむしろ在学中よりも頻繁に通っていた。そして、その山を超えたのだ。

 太極拳クラブも隔週水曜日の練習であるが、5月からは『シニア自然大学』が水曜日に開かれ、当分練習に参加できそうにない。クラブ員の皆さんには、「練習には参加できないが、夜の飲み会には参加するので誘って下さい」とお願いしておいた。

 わが校友会に参加しているのは昨年が115名、そして今年は一人が亡くなり112名と2名の退会者で済んだ。継続率98%であった。これも、仲間の絆を大切する心の現れ、と嬉しかった。そして、この日の総会参加者は、90名にも上った。久し振りに会う人もたくさんいたが、皆さん元気のようだった。

2013_0419_130952p4190007  総会の午後は、校友会仲間のアトラクションだ。演しものは三つあり、一つは影絵グループの最新作品『見沼の竜』だった。この影絵グループも結成2年で、5~6個のレパートリーを持って、要請に応じてボランティアをやっているらしい。

 結構いろいろなところからお呼びがかかり、忙しいんだと嬉しい悲鳴をあげていた。

 何といっても活発に活動しているのが『正調安来節同好会』だ。毎週一回の練習か欠かさず、さらには介護施設や老人ホーム等慰問活動をしているらしい。

2013_0419_135011p4190011

2013_0419_134307p4190008 わが校友会の仲間へは初のお披露目で、やんやの喝采が上がっていた。背景の絵も、Kunioki画伯お手製のもので、安来節踊りとマッチしていた。

 飽くことを知らないこのグループは、次への挑戦が群馬県の踊り、『八木節』だという。レパートリーが広いと、それだけ喜んでもらえるらしい。

 最後に登場したのが、わが校友会のエンターテーナーOnちゃんだ。最初に何をやるのかと思ったら、『シルバー川柳』だという。10句ほど紹介していたが、傑作2句ほどを紹介したい。

2013_0419_141804p4190025起きたけど寝るまでとくにようもなし

日帰りで行ってみたいな天国に

 ヤンヤの喝采を浴びた。そして本番が『南京玉すだれ』だ。彼も、この演しもので、いろいろな慰問活動をしているというから、凄いものだ。

 かくして、無事年一回の総会は終了した。そして県活通いの山は越えた。そうはいっても、月2~3度はまだ定例会があり、通う必要はある。

【4月18日の歩行記録】

9,272歩、6.45㎞、1時間3分、305.5カロリー

| | コメント (0)

2013年4月18日 (木)

№1939 第2回創作展

2013_0416_121841p4160001 わが校友会の【第2回創作展】が、この火曜日から19日の金曜日まで、県活の1階展示室で開かれている。この展示会は、仲間がこの一年に制作した作品を持ち寄って、一堂に会するものだ。

 とはいっても、圧倒的に多いのが美術工芸クラスの人の作品だ。彼らは定期的に写生会を行ったり、デッサンの勉強などをやっているので、展示作品の手持ちも多いようだ。

2013_0416_122015p4160008 仲間のOkadaさんが展示した絵は、『合掌』と題したエンピツ画の自画像だ。自分の遺影にもなるんだといっていたが、本当かしら。絵の前に花を飾り、賽銭箱を置いたらどうか、と冗談を言った。素晴らしいエンピツ画だ。

2013_0416_121923p4160004 圧倒的に上手だと思ったのは、Kishiさんの日本画2点だ。彼はこういうところに作品を出すような人ではなく、県展に出す常連のようだ。一点は清水寺の舞台で『秋燃える』だったし、他は金箔を背景に描いた鶏頭の花で題は『月照る』だ。

2013_0416_121937p4160005 太極拳仲間のKuniokiさんも、昨年出展てしたものに比べても圧倒的に上手になった。そのことを言うと、「そりゃ、研鑽しているもの」といっていた。いくらたくさん描いても、上手になるとは限らない。題は『ウィンチ』だ。

2013_0416_121949p41600062013_0416_122001p4160007


 同じモデルを描いても、個性が出るのが面白い。可愛く描く絵もあれば、個性豊かに描く絵もある。

2013_0416_121856p4160002 わがクラスのTaeちゃんの表装した習字が、これまた素晴らしかった。彼女は、墨彩の絵も素晴らしいが、今回は出展していなかった。私もこんな字が書けると良いな、と羨ましく思った。

 責任者のOginoさんが、「今回な入場者数が多い」と喜んでいた。まだ3日目だが、一日平均100人以上の入場者数だという。開催した日にちが良かったかな。明日は、わが同期の仲間が大勢かけつけてくれることだろう。

2013_0416_121907p4160003 そういえば、Santyanも写真を出展していた。『長閑』という題だったが、暮れなずむ沼の風景を撮った写真のようだった。彼は写真教室に通っているらしく、長足の進歩を遂げている。

 私も、基本から写真を習いたいもの、と強く思っている。忙しい中で、そんな機会が訪れるだろうか。

【4月17日の歩行記録】

6,351歩、4.4㎞、44分、208.6カロリー

| | コメント (0)

2013年3月 9日 (土)

№1899 第1回芸能祭

2013_0308_130220p3080010 埼玉県にはいきがい大学が9校ある。この校友会で組織する連絡協議会が、「お互いの交流のため、何か意味のある催し」ということを模索していたのだが、【第1回芸能祭】を埼玉県民会館で行った。私もこの協議に参加していたこともあるし、何よりわがクラスの仲間が出演するということで、見学に行ってきた。

 私はこの県民会館というのは初めてだが、2000人ほど入る大会場だった。その会場に、ざっと見て6割ほど入場していたので、まずは成功だったのではないか。

 各校が様々な演技をしていた。コーラス、オカリナ、ハーモニカ演奏、和太鼓、秩父音頭、社交ダンス、マジック等様々だ。

2013_0308_130922p3080023
 わが仲間の演技は、【正調安来節】だ。ご存知のドジョウ獲りの踊りだ。このクラブは、キチンキチンと毎週練習しているようで、いろいろな所に呼ばれてはボランティアで出かけているようだ。特に、老人ホームでは大変喜ばれているという話を聞く。

2013_0308_130847p3080020 このクラブには、わがクラスメートが多い。望遠レンズで撮ったのでよく撮れているかどうかは分からないが、TaeちゃんやKeikoちゃん、Yanagisawaさんたちが真ん中で踊っていた。ヤンヤの大喝采だった。

 全員での踊りに続いて、男女の掛け合い踊りだ。ここで活躍しているSachiちゃんもわがクラスメートだ。

2013_0308_131412p3080027
 これも望遠レンズだったが、あらためて写真をみてみると、表情が実に良い。部長のOhsawaさんとの掛け合いだったが、息がぴったり合っていた。これにも、会場から大きな拍手が沸いた。15分程の踊りだったが、大成功だったのじゃなかったかな。

 本当に、皆さんご苦労様でした。

2013_0308_131633p30800302013_0308_132333p3080035


 【秩父音頭】、【和太鼓】演奏や【南京玉すだれ】も見てきたのだが、まずはわが仲間が大成功だったのを見届けて帰ってきた。

【3月8日の歩行記録】

9,499歩、6.64㎞、1時間12分、312.9カロリー

 

| | コメント (0)

2013年2月22日 (金)

№1884 全日空機体工場見学

2013_0221_112525p2210001 いきがい大学校友会の活動の一環で、【全日空機体工場見学】に行って来た。場所は、浜松町からモノレールに乗って新整備場駅で降り、歩いて15分程の所にあった。わがクラス14名に松ちゃん、サンちゃんで事前に駅に着き、昼食を一緒に摂った。

 世話人が予約してくれたレストランで、到着したら弁当が用意されていた。味も量もたっぷりで、結構美味しかった。ビールをと頼んだら、「見学前はアルコール禁止」だそうだ。 

この店の女将さんらしい人が「味はどうでした」と聞いていた。まさか、不味いとはいえないよね。

 この日、見学会に参加したのは35名である。この近くには日航の見学場もあるようで、両工場に何度も見学会に来ている仲間もいた。

2013_0221_125656p2210006 見学会では、まず最初に、全日空の美女が40分程の説明をしてくれた。「写真はいくら撮ってもかまいません。ただホームページとかブログに載せる時には、事前に審査を受けて下さい」との注意があった。松ちゃんには、「そんな審査を受けなくても構わないのではないか」と言ったが、果たして松ちゃんやサンちゃんは審査を受けただろうか。私はそういう手続きをしないで、写真をアップしている。

 今回の一番の関心は、最新鋭機ボーイング787型機がどのような状態になっているかだ。説明によると、全日空自体で210機の飛行機を持っているのだそうだが、そのうち17機がボーイング787機だという。飛ばせない飛行機の置き場所に困るだろうね、何しろどでかい代物だから。

2013_0221_141004p2210019
 この係員の説明でも、売り物のはずのボーイング787型機についてはほとんど触れなかった。説明を終えて機体工場見学に行ったのだが、まず目についたのが787型機だ。まだそんなに飛んでいない飛行機のようで、機体がピカピカ光っていた。

2013_0221_141306p2210020 格納されている787型機は、第一号納入機で、塗装も特別に施されているのだそうだ。工場の外にも787型機があったが、それには特別塗装はなかった。

 今回の事故の原因は何だったのだろうか、仲間内で話し合った。新聞報道等によると、どうやら搭載しているリチウムイオンバッテリーが振動に弱く、激しい動きで熱を持つのが原因ではないかとのことだ。今更設計変更でもあるまいし、一体どうするんだろうか。

2013_0221_135236p2210011_3 その後機体工場に移動し、飛行機の機体のすぐ脇での説明だったが、さすが間近で見る飛行機はどでかい。整備にあたっている人の姿が小さく見えた。子どもたちがこれを見ると楽しいだろうね。

 話に聞くと、日航も全日空も、この工場見学は半年前に申し込んでいるのだそうだ。それでも、すぐに一杯になるようだ。分かるような気もした。

2013_0221_141633p2210023 この工場のすぐ脇には、羽田空港のA滑走路があり、飛行機の離着陸が間近で見られた。

 2時間近い見学だったが、なかなか良い社会見学であった。工場を出たのは午後3時だ。まだ早いというので、わがクラス世話人が案内してくれたのは、最近新しくなった『羽田国際飛行場』だ。見学地の隣の駅には、矢張りモノレールで行った。

 この飛行場には、『江戸小路』というショッピングセンターが出来、ずいぶんテレビ等でも紹介されている。

2013_0221_151029p2210028
2013_0221_152256p2210030 ショッピングセンター正面にはお雛様が飾ってあった。ただ、このショッピングセンターの『江戸小路』は意外とちゃちなもので、しかもものすごく値段が高い。

 店を覗いて歩いたが、欲しいものはほとんどなかった。生ビールでも飲もうかとレストランの値段を見たら、小さなコップの生ビールが600円もしていた。ばかばかしいのでやめた。

 そしたら、松ちゃんが「このモールの中にコンビニがあるらしいよ」という情報を聞きつけてきた。一緒にコンビニに行き、215円の缶ビールを買ってきて、片隅の椅子で二人でおだをあげた。これが一番の正解だったような気もする。

 帰りは大宮駅まで来て、仲間8人でのご苦労さん会だった。いつもの合言葉だが、『仲間がいるのは良いものだ』。

【2月21日の歩行記録】

12,345歩、8.6㎞、1.36時間、407.3カロリー

| | コメント (0)

2013年2月21日 (木)

№1883 自転車で県活へ

 一週間に2~3日は通っている県活だが、最近はほとんどが車だ。自宅から約6㎞ほどあるのだが、車では10分内外で着く。ただ、万歩計を持ったし天気も良かったので、久し振りに自転車で行ってみる事にした。

2013_0220_163755p2200009 綾瀬川のジョッギングロードに沿って走った。日が照っているとはいえ、風が冷たく、しかも逆風が吹いていてペダルを漕ぐのが大変だった。

 寒風に、このジョギングロードを通っている人はまばらだった。人がいないことをいいことに、様々な鳥の姿が目についた。

 まずは白鷺である。この綾瀬川には、白鷺が多い。泥鰌や小魚を狙っているのだろうか。川の中をよく見ると、大きな鯉がたくさんいる。さすが、鯉は大きすぎて餌にはならないだろうね。

2013_0220_113601p2200001_22013_0220_162129p2200005


 さらに、カワセミも目についた。望遠で撮ったので、残念ながら写真はボケていた。

 車で10分ほどで着く県活に、逆風の自転車では40分ほどかかった。足もパンパンに張れていた。これだけ努力したのだからと万歩計を見たら、ほとんど作動していなかった。前の万歩計もそうだったのだが、自転車の足の回転では歩数計は動かないのだ。これだけ努力したのに、なんだか損をしたような気になってしまった。

20130220_143117 この日は、午後から太極拳の練習だ。3月には、埼玉県大会に出場するつもりだ。練習にも熱が入った。1時間半ばかりの練習だったが、自転車を漕いだのと練習で結構きつかった。

 ただ、自転車で歩行計が動かないことを知り、帰り道は2㎞ほど歩いて帰ってきた。そして歩行数を見てみたら、これも正確には刻んでいなかった。1.5㎞を歩いて1000歩ほどだった。設定を一歩65㎝にしているので、1.5㎞歩いたら、2300歩は刻んでいるはずだ。

【2月20日の歩行記録】

3,343歩、2.32㎞、22分、110カロリー

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧