カテゴリー「街歩きの楽しみ」の94件の記事

2013年11月25日 (月)

№2161 高崎Bセンスさんぽ

Img_9716_2 東京シニア自然大学のKuniyasuさんからのお誘いで、趣旨も分からないままに、【高崎Bセンスさんぽ】に参加してきた。とりあえず、朝10時に高崎駅西口に集合とのことだ。車か電車でとのことだったが、私は電車でトコトコ2時間もかけて高崎に着いた。当初参加者は7~8人とのことだったが、駅に着いてみたら、世話人も含めて20人ほどだった。

 朝礼に続いて、この散歩の趣旨説明があった。【Bセンス】とは、「生物多様性を意識して、日常の行動を選択していく完成。生物多様性Biodiversityの頭文字をとって【Bセンス】」というのだそうだが、何だかわかったようなわからなかったような感じだ。

 参加者の大部分は、高崎かその近辺在住の方だ。ただ、東京シニア自然大学の仲間でわざわざ渋谷から参加している方もいた。お互いにお話ししながら分かったのだが、高崎に住んでいてもこの街を知らないという人が意外と多かった。私も車で高崎はよく通るのだが、高崎の街を歩いたことはほとんどないね。

 歩いてみて分かったのだが、高崎は古い城下町だったんだね。それに、中仙道と三國街道が交差する、重要な交易の町でもあった。江戸時代からの古いお店が沢山ある街だと分かった。

Img_9727Img_9720


Img_9722 最初に行ったのが金澤屋という古い布団屋さんと、山源という漆器屋さんだ。中仙道に面したいずれの店も、世話人があらかじめ話をつけていたせいか、店内で店の成り立ちや建物など、丁寧に説明してくれた。

 高崎は今でこそ近代的な街並みになっているが、古い城下町はどこでもそうだが、ここまでするのには並大抵な努力ではなかったらしい。まずは道を広げるのに、立ち退きをしなければならない。再開発には、この仕事が一番しんどい。

Img_9741 裏通りを歩いていたら、「ここが遠掘跡だ」と説明してくれたが、今やほとんどが暗渠になっていて、その面影はない。道端に今の地図と古い地図を広げ、今昔に違いを実際に感じた。江戸時代から続く【水村園】という古いお茶屋さんがあったが、その土蔵は立派だった。

Img_9749 街歩きには、いろいろな発見があるのが面白い。【岡醤油醸造】という古くから続くお醤油さんのガラス戸には、「醤油あいす」と「ポンズあいす」の張り紙があった。「醤油あいすなんてどんな味がするんだろう」と不思議に思ったが、この日はあいにく休業日だ。

Img_9750 個人で図書館をやっている【山田文庫】にも驚いたね。風格のある和風建築に、誰にでも無料で利用できる私設図書館だ。ここでも事務局長さんが、この図書館の説明をしてくれた。この【山田文庫】には2つの公益事業があり、一つは学校図書館図書購入助成事業であり、他は所蔵図書の一般公開だという。

 それにしても、この日はポカポカの天気で風もなく、その上に紅葉の真っ盛りだった。

Img_9756 高崎城の外堀にかかる紅葉の赤の見事さを堪能した。また、高崎市役所の21階展望台は、誰にも開放されている。高崎の周囲の山々を展望出来た。ただ、この日歩いた高崎の街は、ほんの一部だ。

Img_9768 最後に、この日の高崎の歩きに点数をつけてチャートに表す作業だ。歩くコースにもよるのだろうが、「身近な植物」や「地域の記憶を残すもの」「お寺や神社」には高得点がついたが、「生き物が暮らす場所」「町並み」「歩く人を大事にした道」の評価は低かった。

 世話人の話によると、前日は谷根千を旅したようだし、京都・大阪などでも点数をつけながら歩いたという。それぞれの歩いたチャートを比較して見せてくれた。興味のある方は、下記のウェッブを覗いてみて下さい。

http://bsense.jp/

| | コメント (0)

2013年11月 8日 (金)

№2144 新宿御苑【菊花壇展】

 東京シニア自然大学の事務局のKuniyasuさんが、「新宿御苑で年一度の【菊花壇展】をやっているから見に行こう」と声をかけたのは、授業のある日の昼休みだ。有志10人ほどが参加の手を上げた。この展示会をみるなら入場料無料、という話に心を動かされた人もいたに違いない。

 ただ、この日の授業は長引いて、終わったのが午後3時半だ。急いで新宿御苑に駆けつけた時には、4時を回っていた。入口の係員が、「菊花壇展は4時までなので、今入場しても観ることが出来ませんよ」と言っていた。とはいっても、ここまできたので何はさておき入場しよう。

2013_1106_161550pb060026 もしかしたらまだ観られるかもと、Kuniyasuさんは先へ先へと急いだ。普段の行いが良かったせいか、ほとんどの菊はまだ店仕舞いをしていなかった。結果として、10か所ほどある菊花壇はほとんど観ることが出来た。

 それにしても見事な菊だった。今日はその一端をご紹介したい。ただ、この【菊花壇展】は11月15日までとのこと、お時間のある方はぜひ出かけてみたらいかがだろうか。

 2013_1106_160921pb060014
             懸崖作り花壇

2013_1106_161228pb060021 大作り花壇(一本の苗から500数十もの花を咲かせていた)

2013_1106_161601pb060027
2013_1106_162318pb060033                        大菊花壇
2013_1106_162201pb060031_2 菊栽培は、大変な手間ヒマがかかるという。この新宿御苑では、わずか半月ほどの展示会のために、専用の菊育苗を行い、この展示会に満開に咲かせる技術を持っているという。

 私の知り合いでも菊栽培をやっている方がいるが、お話を伺うだけでも大変な努力がいるようだ。仕事とはいえ、これだけの菊を咲かせた係員に敬意を表する。

| | コメント (0)

2013年7月29日 (月)

№2041 街の中の避暑地

2013_0728_120410p7280001
 私は、月に1~2度、市の図書館に通い、本を借りて来る。図書館には、朝から大勢の人が駆けつけている。いつもほぼ満員で、座る座席がないほどだ。

 それにしても、図書館は避暑にはもってこいの場所だ。何よりも涼しい。しかも無料で、何時間いても誰にも文句が言われることがない。さらには静かで、心が落ち着く。新聞や週刊誌、雑誌までいつでも最新のものが無料で読めるのも良い。居眠りに来ている人もいる。

 ただ、最近は夏休みのせいか、子どもや学生がひがな一日座席を占領しているのが気になるところではある。

 私は、まずは図書館から借りた本を返しに行く。最近は、一度に9冊借りることにしている。借りられる期間が2週間14日間で、その間に読めるだけの本を借りる。ただ、14日間で9冊読むのはなかなか辛い。無断延長して、20日間くらいで読むのが実際のところだ。

 余分な負荷をかける理由がある。少し余計目に借りていって、返済期間に追われながら読むというのも、頁を稼ぐのには良いものだ。あまり無断延長していると、図書館から返済催促の電話を貰うこともある。

 この日も9冊を全部読んで返済し、新たに9冊借りた。新たな本を選ぶのにも、調子が良い日と悪い日がある。この日は、すぐに読むべき本9冊を選ぶことが出来た。図書館で貸し出し用の袋を借り、借りた本を目一杯に詰め込んで帰ってきた。

| | コメント (0)

2013年6月29日 (土)

№2011 七夕飾り

2013_0628_105128p6280002 最近、用事があってちょくちょく神保町に行く。そして眼にするのが、靖国通り沿いの商店の前にある【七夕飾り】だ。この商店街が用意した竹の植木だろうか。

2013_0628_105904p6280007 色とりどりの短冊飾りが下がっている。よくみると、【装飾用短冊】として、自由に文字を書き、この飾りに下げてくれとお願いしているようだ。自由に書けるように、短冊も吊るしてある。

 ウ~~ム、書かれている短冊を読んで歩くだけでも楽しい。【商売繁盛】とか【家内安全】とか言う常套句は別として、虫の良い短冊も下がっていたな。

2013_0628_105206p62800042013_0628_105926p6280008


 【ロト6で前後賞合わせて6億円当たりますように】とか、【免停が来ませんように】という願いの短冊もあったよ。

【6月28日の歩行記録】

9,688歩、6.77㎞、1時間11分、387.4カロリー

| | コメント (2)

2013年5月30日 (木)

№1981 新宿ゴールデン街

 この日は、『東京シニア自然大学』の授業日だった。会場は、初めて行くのだが、【新宿文化センター】である。新宿駅東口から、歩いて約15分程の所にある。

2013_0529_151525p5290005 今日は、この日の授業のことではなく、久し振りに歩いた【新宿ゴールデン街】の話をしたい。というのも、授業会場に行くときに、懐かしいこの場所を通ったからである。

 花園神社から風情のある通りを歩いて気がついたのだが、そういえば昔この付近をフラフラしている時代があったね、とハタと気がついた。【新宿ゴールデン街】の表示があったのだ。

 皆さん、【新宿ゴールデン街】という街を知っているだろうか。新宿区役所通りを一本花園神社に入った通りである。

2013_0529_151830p5290016 今でこそ、私は新宿歌舞伎町に足を踏み入れることなどなくなってしまったが、サラリーマン時代はよく酒を飲みに通った。しかも、夜遅くだったので、昼間のゴールデン街に足を踏み入れたのは初めてじゃないかな。

 しかも、行く店は決まっていたので、ゴールデン街の他の店のことはほとんど知らない。昼歩いてみると、この界隈が意外と広いのにはびっくりした。小路が6本もあるのだ。しかも、小路沿いには小さな飲み屋が軒を連ねている。

2013_0529_152236p5290021
2013_0529_152056p5290019 私が行きつけの店は『ナベサン』という店だった。もう20~30年も前の話だ。果たしてまだその店はあるのだろうか。風の噂によると、ご主人のナベサンは亡くなったという。

 自分で探してみたが、見つけることは出来なかった。ここの住人に聞いてみたら、2本ほど先の小路だという。「ただ、昼行ってみてもやっていないよ」と言っていた。そうかそうか、こんなに奥まった場所にあったのか、と今更ながらに驚いた。

2013_0529_152137p5290020 しかし飲み屋街というのは、昼間に行ってみるとなんとも味気ないものだ。ガランとして人っ子一人歩いていない。ただ、ノンビリ猫が散歩しているだけだった。

 もう二度と、このゴールデン街で酒を飲む機会などないだろうね。よく一緒に通ったDさんはまだ通っているらしいのだが…。まあ、青春の一頁だった。

 さて、この日の『東京シニア自然大学』の授業を若干紹介したい。

 午前は『震災復興と環境教育』と題して、くりこま高原自然学校の佐々木豊志先生が、実践に基づいたボランティア活動について報告していただいた。

2013_0529_131223p5290004 午後は、『絶滅危惧種アホウドリの保全と再生:37年間の取り組み』と題し、東邦大学理学部教授長谷川博先生のアホウドリを守るための涙ぐましい経験談だった。アホウドリ一筋40年というのは凄いものだ。そういう人生があっても良いよねと、お話を伺いながら納得した。

 それにしても、この学校の教授陣は素晴らしい。われわれだけで聞いているにはもったいないような話が毎週続く。

【5月29日の歩行記録】

8,725歩、5.67㎞、1時間3分、324.3カロリー

| | コメント (2)

2013年3月30日 (土)

№1920 春繚乱

2013_0328_143859p3280001 春とともに、いっせいに花が咲き始めた。自宅の周りは、桜並木で一杯だ。このような中で、花を愛でながら散歩するのは楽しい。なかでも、私のお気に入りの散歩道は、見沼代用水沿いだ。

2013_0328_144242p3280006 ここの桜は、植えられてからまだ20年もたっていないが、見事な桜並木になった。ソメイヨシノに八重桜、枝垂れ桜が見られる。なかでも枝垂れ桜は樹が若いせいか、色が濃く、鮮やかだ。まだ6分咲きという感じだが、それでも充分に見ていて楽しい。

 私は、最近たえず【俳句手帳】を持って歩いている。この景色を俳句でどう詠もうか考えながらの散歩は楽しいものだ。そして、思い浮かんだ俳句はすぐにでも手帳に書き留めておく。そして、自宅で推敲するのだ。この日作った俳句は、

用水に沿ひて揃いし桜かな

を含め3句ほどだ。

 俳句手帳を持ち、カメラを携えての散歩には、いろいろな発見がある。特に咲いている花を撮りながら歩くのもまた楽しい。

2013_0326_133030p3260002_22013_0326_133927p32600092013_0326_134201p32600152013_0326_134026p3260011_22013_0326_134244p3260016


 いろいろな花が咲いているね。菫に雪柳、黄水仙にボケの花。アレ、この花はスズランかしらね。

 そして、時々歩行計をチェックする。なにしろ、目的は毎日10,000歩だ。花を見ながら歩くと、目的歩数はあっという間だ。

 もう一つの楽しみは、帰りに立ち寄る喫茶店だ。なにしろ、毎日200頁読まなければならない。お茶を飲むというより、本を読むために立ち寄っている。そこで2時間ほど本を読み、充実した一日を送っと満足して、自宅に帰ってくる。

【3月29日の歩行記録】

6,042歩、4.2㎞、44分、199カロリー

| | コメント (0)

2013年3月29日 (金)

№1919 奇縁

 【千鳥ヶ淵のお花見】があった日のことである。その日は、また変な出会いもあった。

 午前中の会議を終え、食事会があった。そこで友だちのマッチの話題が出た。そういえば、一度マッチと食事をしようと約束をしていたのだが、果たせていない。その時は、そのうちに声をかけてみようと漠然と思っていた。

20130327_154430 夜のお花見の約束まで、まだだいぶ時間がある。以前もお話したが、こういう時には格好の隠れ場所がある。神保町すずらん通りにある東京堂書店のカフェである。

 このカフェは読書空間としては静寂で最高だ。180円で何時間いても、迷惑がられることもない。前面に大きな窓があいていて、本読みに疲れた時には、しばし通行人を眺めている。しばらくして、また読み始める。そうやって、3時間も読んでいたかな。そろそろ、読書にも飽きてきた。

 そしたら、すぐ近くに会社のあるTakiiさんから偶然電話が入った。「いま、那須にいるの」と聞かれたから、会社のすぐ近くにいるよと返事をし、彼を訪ねて行くことにした。

 彼は昨年から会社の嘱託になり、週一回の出社だ。ちょうどその日が出社日だったのだ。会社にお訪ねし、1時間もお話をしていたのかしら。様々な知り合いの消息話をした。そこで、「この前、ばったりマッキィと会ったよ」というので、彼の名刺をコピーしてもらった。

 Takiiさんとは、5月に3家族で海外旅行に行く計画を立てている。その結団式の日程を決めた。そして別れたのだが、もう少し時間がある。九段下の書店に立ち寄り、30分ほど時間をつぶすことにした。そして、時間になったので書店を出ようとしたら、その店先でばったりマッキィに会ってしまった。

 どうやら、彼の新しく勤め始めた会社がこのすぐ近くらしい。その建物まで案内していただいた。そしたらマッキィの携帯が鳴り、お昼に噂をしていたマッチが書店に来ているというのだ。どうやら、この日は示し合わせて、近くで飲み会をやろうと計画していたらしい。マッチとも久し振りに会った。

 私は高校同期のお花見があるというので、そこで別れた。マッチは、「あれ、一緒に飲むんじゃないの」と怪訝な顔をしていた。お花見会が早く終わったら、もしかしたら顔を出すかもしれない、と約束して別れた。

 千鳥ヶ淵の夜桜見物会で、仲間とはぐれてしまった。いいや、このままその仲間の飲み屋に顔を出してみよう。歩いて7~8分でその飲み屋に着いた。宴会もそろそろ終わりに近づいていたようだった。

2013_0327_205416p3270051 その飲み会にはマッキィ、マッチのほかにも知り合いがいた。イノチャン、Ishimasaさんなどの顔が見えた。宴会も終わりだったようだが、残りのお酒のお流れをいただいた。マッキィが、「この宴会の様子をブログに載せてよ」というから、写真を撮った。ただし、支障のある方は抜けたようだった。

 本当に世界は狭い…。

【3月28日の歩行記録】

10,345歩、7.2㎞、1時間14分、341カロリー

| | コメント (0)

2013年3月28日 (木)

№1918 千鳥ヶ淵でお花見

 高校同期の仲間、Rokuちゃんの事務所が九段上にあり、昨年からお花見を千鳥ヶ淵でやるようになった。私は昨年参加できなかったので、今年はどうしても参加したい。

2013_0327_171443p3270026 靖国神社の大村益次郎の像の前に5時半集合の約束だったが、皆さんの普段の心掛けが良いせいか、その時刻には総勢11名が集まった。高校の同期16名に声をかけたのだそうだが、この人数が集合したのは立派だ。

 ただ、この日は午後2時ころまで雨が降っていて、ものすごく寒い一日だった。Rokuちゃんはこの雨模様を見て、「この日の会合には雨男がいる」と私を指していっていた。有難くもない【雨男】の称号をつけられてしまった。

2013_0327_173906p3270032 平日のせいか、あるいはあまりにも寒いせいか、千鳥ヶ淵はそんなに混んでいなかった。この千鳥ヶ淵の桜は、秋田の姉に言わせると【日本一の景観】だといっていた。そして、この日は折しも、ちょうど満開だった。

 しかし、この日参加した人の中には、この千鳥ヶ淵の桜を初めて見るという人が何人もいた。そして、あまりにも見事な桜に感嘆しきりであった。ただ、夕方なのであまりよく見えない。昼さ中か夜桜がいいね。

2013_0327_173655p3270030

2013_0327_182704p3270034 幹事のRokuちゃんが宴会席を用意してくれていた。花より団子とばかり、早速その飲み屋に駆け込んだ。まあ、外の寒かったことよ。まずは、熱燗で体を温めようよ。幹事の用意の良いこと、日本酒一本を差し入れていた。私は熱燗よりも、その冷の日本酒がいいな。コップになみなみとつがれた日本酒の、なんと美味しかったことか。

 どうしても出る話題は、高校時代の思い出話だ。卒業してもう50年にもなるのに、その当時の思い出が昨日のように甦る。そして先生のあだ名がスラスラ出る。ガッケだの赤鬼だの自衛隊だ、ネズミにドブネズミ…、キリがない。

 私が今でもアリアリ思い出すのは、高校の物理だ。Hasunuma先生というおじいさんが熱心に教えてくれていたのだが、結局何を言っているのか呆れるほどちっともわからなかった。もう一度物理の勉強をしたいなという思いに、どうしてもあのおじいさんの顔が思い浮かぶ。

2013_0327_191616p32700422013_0327_190006p3270037


 そういえば、私は参加できなかったのだが、前回の会で、箱根駅伝のコーチをやっているAbeの大学にエールを送るつもりで、参加者一同カンパをしたのだそうだ。このお正月は、見事7年振りにシード権を獲得した。そのお礼を述べていた。10人がタスキをつなぎ、シード権を得る大変さをしみじみ語っていたのが印象に残る。

 私の目の前に座ったKamoちゃんは、多彩な趣味を持った方だ。けど、今回は【男の料理】などの趣味を整理してカメラに集中するのだそうだ。写真を撮るのは、朝太陽が昇る前が最も良いといっていた。カメラを趣味にする割には、普段カメラを持ち歩いていない。このような日にカメラを持ってこないなんて、趣味への心構えが足りないと説教してやった。大型カメラだけがカメラじゃないよ。

 まあ、ワイワイガヤガヤあっという間に2時間半が経った。もう一度、千鳥ヶ淵の夜桜見物をして帰ろうよ。

2013_0327_203030p3270048
 外濠のお堀に映る夜の桜は、また格別に良かったネ~。

【3月27日の歩行記録】

11,676歩、8.12㎞、1時間30分、384.7カロリー

| | コメント (2)

2013年3月23日 (土)

№1913 渋谷散策

 昨日の「墓参り」の続きの記事になる。

 墓参りを終えて、帰りはバスで渋谷駅に出る事にした。20分程の距離である。渋谷は、東急東横線が地下に潜り、地下鉄副都心線経由で埼玉に繋がったことで、今話題の街である。しかし、私は渋谷に出るのは久し振りだ。ほとんど縁のない街になったのだ。

2013_0321_132647p3210025 渋谷の街は、平日のお昼なのに、相変わらず若者を中心に賑わっていた。待ち合わせ場所として有名なハチ公の銅像の周りも人で埋まっている。桜の花も、きれいに咲き揃っていた。この日の目的は、東横線の地下街である。

2013_0321_132509p3210022 すでに、東横線渋谷駅の跡地は囲いで覆われていて、中を覗くことは出来なかった。新たに出来た建物Hikarieをみるのは、初めてだ。渋谷のあちこちからこの建物をみる事が出来る結構目立つ建物だ。以前は、東急文化会館といっていた。そうだ、この建物に映画館が入っているはず、映画を見て帰ろうと立ち寄ってみた。

2013_0321_134052p3210028 残念ながら、このハイテクビルに映画館は設置されていなかった。11階の見晴らしのいい場所から新宿副都心を望んだら、本当に指呼の間だった。それにしても、渋谷の街は大きく変わり、私のようなおじさんにはますます縁遠くなったような気がした。

 新しい地下鉄副都心線に乗り、池袋に出た。たまたま乗った電車が快速だったので、池袋までは二駅だ。ものの10分ちょっとで到着した。

2013_0321_134911p3210030 そうだ、久し振りにKumikoさんの顔を見て帰ろう。たまたま、彼女は店にいた。お会いするのは一年ぶりくらいだろうか。友だちの消息を確認しあった。そうだ、友だちを誘いあって久し振りに飲もうか。

 こういう話はすぐ決まってしまうもので、4月中旬、新宿で飲み会をやることにした。その場でGyuちゃんとMichiちゃんに電話をしたら、二人ともOKという。

 どこに行っても仲間がいるというのは、嬉しいものだ。

【3月22日の歩行記録】

3,846歩、2.68㎞、28分、126.8カロリー

| | コメント (0)

2013年3月 5日 (火)

№1895 那珂湊で新鮮な魚料理

2013_0303_142019p3030006 昨日の記事の続きとなるが、【水戸の偕楽園】での観梅のあとは、これも定番コースの那珂湊での魚料理を食べに行くことにした。水戸からは、ものの30分ほどで到着する。ただ、もう午後2時近くになっていたので、お腹が空いていた。目標は【鮟鱇鍋】である。

 たしか、昨年も女房と一緒にこの那珂湊で鮟鱇を食べた記憶がある。と思ってブログ検索をしてみたら、昨年の1月18日に袋田の滝の氷瀑見物のあとに、この那珂湊で鮟鱇を食べたとあった。そうかそうか、一年ちょっと前だったのだ。

 今回は、魚市場の上の食堂に入ることにした。昨年来た時には広い食堂がガランとしていて、客が誰もいなかった。さすがこの日は日曜日で結構混んでいた。隣の回転寿司は長蛇の列だ。

2013_0303_135601p3030003
 われわれ一行は食堂で鮟鱇鍋、と思ってメニューをみたら、値段が結構高い。一人前2800円ほどした。今日は鮟鱇をやめて美味しい魚を食べようよ。ということで頼んだのが三色丼だ。上にはウニ、イクラとマグロの切り身がたっぷり乗っていた。酢飯も大盛だ。

2013_0303_135544p30300012013_0303_135926p3030004


 せっかくだからと、さらに注文したのが赤魚の煮付け、貝のお刺身、アンキモだ。お父さんはビールを頼んだが、運転手の私は遠慮した。

 テーブルに山のようになった料理に、果たして完食出来るかどうか心配だった。特にお父さんはあまり食べないし、女房は食べ過ぎると、すぐにお腹を壊してしまう。それが、みるみる間になくなってしまった。なんとなんと、全員が完食だった。Kayoさんは、「こんなに食べる事もないが、美味しいから食べられたのよ」とご満悦だった。

 特に、アンキモは量も多く、東京の飲み屋で出る5倍も大きなものだった。ボリュームがたっぷりで、しかも美味しかった。あまりの感激に、写真を撮るのも忘れてしまった。女房は、「これだけ食べたのだから、夕食は抜きにしよう」と言っていたが、夕食は夕食で必要だ。

2013_0303_182634p3030008 帰りは食堂の下の魚市場で、新鮮な魚を買い求めた。Ohno家は毛蟹を買い求めていた。私も食べたかったのだが、断られてしまった。そして、わが家では煮干やアサリなどを買っていた。

 夜、食卓に出たのは、そのアサリの酒蒸しだ。海の香りがプ~~ンと漂い、美味しかった。

【3月4日の歩行記録】

9,463歩、6.61㎞、1時間7分29秒、311.5カロリー

| | コメント (1)

より以前の記事一覧