カテゴリー「パソコン・インターネット」の71件の記事

2013年12月13日 (金)

№2179 フォルダの整理

Dsc00089  前号の続きのような話になるが、私は【東京シニア自然大学】の授業には、教室にモバイルパソコンを持ち込んで、テークノートしている。主には、ブログを書くための参考にするためだ。私は打ちこみ速度はそんなに早い方ではないが、それでも授業についていくだけの速度ではキィボードを打ちこめている。

 今年の4月に始まった授業だが、やってみると結構講義録が溜まった。私は整理が苦手で、いろいろな場所に講義録が散乱している。今までは、ブログを書くと用無しになるのだ。ただ、消去はしていない。こういうことをやっていると、便利な事もあるものだ。

 【東京シニア自然大学】は来年3月には卒業だ。今盛んに議論されているのは、①卒業に向かって何をするのか、②来年以降、【専科】を立ち上げるとしてどういう活動が可能なのか、③来年以降入学してくる方たちに何か提言があるのか、の話し合いが何度か行われている。

 いずれ、卒業に向けて記録集+卒業文集が必要だとは、一部の人たちのなかで意見一致している。

 記録集に向けて、資料は豊富だ。まずは、授業の概要を記したシラバスがある。さらに、受講生が講義の後に必ず提出する【ふりかえりシート】がある。事務局にHayashidaさんが、授業の都度写した写真も1500枚余りにのぼるという。その上で彼が言うには、「シンさんのブログから抜粋して文章を短くしたら、記録集としては充分だ」という。

 まあ、私のブログだけでなく講義ノートがあるから、それを読むと講義の様子が分かる。さらには、私も大量の写真を撮っている。ただ、写真もあちこちに散らばりっぱなしだ。

 意を決して、フォルダの整理に取り掛かった。講義録については、【名前の変更】で頭に日付をきちんと入れた。すると、フォルダでは日付順に並べ替えてくれる。数えてみると、21回の講義録が出来た。

 さらに写真の整理だ。【ピクチャ】のフォルダには、矢張り日付順に撮った写真が並んでいる。これを【新しいフォルダ】を作って、名前の変更をして移した。当然、頭には日付も入れた。4月15日に始まった【開校式】から最新の授業までのアルバムが出来た。

 これらをつけ合わせて編集すると、立派な記録集が出来るのではないか。問題は文集だ、受講生の皆さんが文章を書いてくれるかどうかだ。それは私の仕事ではないね。いずれ、週一回の授業で正月休みもある。ぐずぐずしていたら、すぐに日にちは経ってしまう。まあ、私が出来るお手伝いはしたいと思うのだが…。

| | コメント (0)

2013年9月 3日 (火)

№2077 パソコンの不調とウィルス

2013_0831_220508p8310016 私が普段使っているパソコンは、2010年2月に買った富士通のFMV-DESKPOWERというパソコンだ。買ってもう3年半になるが、今までほとんどトラブルもなく、快調だった。そして今や、わが日常生活には無くてはならないものである。

 「テレビがない生活など考えられない」という人もいるだろうが、私にとって【パソコンのない生活など考えられない】。ブログもそうなのだが、生活に必要なほとんどのデータが、わがパソコンの中に入っている。しかも、自分はパソコンを相当自由に動かすスキルを持っている、と思っている。私はパソコンを、【自分自身を自由に表現するためになくてはならない便利な文房具】と位置付けている。

 そのパソコン画面に変な表示が出てきた。『冷却ファンが不調です。すぐにシャットダウンして、弊社にご連絡下さい』というものだ。実は1ヶ月ほど前にもこの表示が出ていたのだが、真夏なので暑いせいだろうと、無視して使っていた。再度この表示が出たので、不安になってきた。

 富士通の電話サポートセンターに電話をしてみた。出てきた女性が「そのパソコンには3つの冷却ファンがあるので、掃除をしてみて下さい。それでだめなら、故障ですね」という。ただ、故障の場合でも、データは外付けのハードディスクに保存しなければ消えてしまう可能性がありますよ、と警告していた。

 あらためて保証書を見たら、近くのY電器で買ったこのパソコンには、5年の保証期間がある。今、パソコンにダウンされたら、いろいろと多くの支障をきたす。早めに手を打とうと、その電気店にパソコンを持ち込んで相談した。

 「どうも冷却ファンの動きが鈍いですね。完全に動かないと、ハードディスクが熱を持ってダウンしてしまいますが、動きが鈍いということでしょうか。メーカーに見てもらうのが良いでしょう。それでも修理に2週間ほどかかります」というのだ。今、このパソコンが2週間ないと、大問題になる。パソコンが2週間なくても支障がない時期をみて、修理に出すことにしよう。

2013_0831_183532p8310013_22013_0831_183541p8310014


 ところで、と電気屋の係員は言う。「このパソコンに貼りついている二つのソフトは、ウィルスの可能性がありますよ」というのだ。

 一つは【無料のクリーンレジストリ】というものであり、もう一つは【hao123】というソフトだ。いずれも中国系のウィルスであり、ソフトの奥深くに入り込んでおり、簡単には除去できないというのだ。

2013_0831_183502p8310012 エッ、知らなかった。そういえば、【無料のクリーンレジストリ】の画面がしょっちゅう表示され、1300余りの不具合があると出てくる。その不具合を直すためにはお金が必要だという。電気店の係員が言うには「悪質な加金を促すソフトですよ」というのだ。たとえお金を振り込んでも、この不具合と言われているものは直らないらしい。

 さらに、【hao123】は自分の有利なホームページへと誘導するためのウィルスソフトだという。私は便利に使っていたのだが、除去した方が良いらしい。まあ、今のところあまり悪さをしていないので、除去を急ぐ必要はないだろう。

 講座開設を機会にNaoko先生にも相談してみた。「シンさんさんのパソコンが時々ウィルスに感染しているわね。ウィルスは、有料でも、早く除去した方がいいわよ」とのことだ。

 インターネットで二つのソフトを検索してみた。確かに【クリーンレジストリ】は詐欺ソフトだという。アンインストールの仕方も詳しく載っていた。それに従って除去したら、とりあえずは画面から消えた。ただ、完全にアンインストールできたかどうかはしばらく様子を見てみないとわからない。

| | コメント (0)

2013年7月31日 (水)

№2043 windows live mailもウィルス感染か

 私が、現在、使っているメールは4つある。メインに使っているメールは、googleのGmailである。このブログ左サイドバーの上に【メール送信】の欄があるが、このメールはWindows live mailで、ほとんど使っていないし、めったに開くこともない。ただ、以前にこのメールを使ってメッセージを送ってきた方、何人かをアドレス帳に登録しておいた。

 久し振りにこのメールを開いてみたら、友だちから以下のようなメールが入っていた。『おはようがざいます。1時23分ごろ、Great ideai の見出しで、メ-ルあり、未だ開いていませんが、流していますでしょうか、(前回の件もあり)問い合わせです。』

 そういえば、前にも別の友だちから『あなた様から、へんなメールが届いていますよ』という警告があった。ウ~~ム、これは私のLivemailのパスワードが乗っ取られたのかもしれない。

 このメールのアドレス帳を開いてみたら、アドレス帳に登録されている人は10人内外だった。念のために、このアドレス帳に登録されている人全部のメールアドレスを削除した。さらに確認のために、アドレス登録者のうちの一人みっちぃに『へんなメールが届いていませんか』と問い合わせてみた。そしたら、『はい (^O^)横文字で、なので消しました。』との返事だった。

 矢張り、私のアドレス帳を通して、迷惑メールが送信されていたのだ。以前Gmailが乗っ取られた時には、アドレス帳に350人くらいの登録があったので、対策に大変な汗を流した覚えがある。今回は、せいぜい10人程度だから、Gmailに比して影響が少なかったかもしれない。

 アドレス帳に載っている名前を全部削除すると同時に、パスワードも変更しておこう。そういえば、Livemailに使っているパスワードは、前回Gmailでウイルスに侵されたものと同じだった。より複雑なパスワードに変更しておいた。これで、多分迷惑メールはシャットアウトできるのではなかろうか。 

 念のために、矢張りアドレス帳に登録していたわがパソコン教師・Naoko先生にも指示を仰いでみようとメールをした。いつも感心することであるが、彼女からはすぐに返事が来た。以下、彼女の指示である。

迷惑メール、2回ほどきましたよ。まぁ、見るからに・・・といった感じでしたのですぐに削除しました。
この私のアドレスはwebメールアドレスですので、さほど影響はないのですが、やはりプロバイダのメールアドレスだと、ちょっと嫌ですね。
問題は、シンさんご自身は対処をしましたが、みんなのアドレスは盗まれた形になっていますので、シンさんが対処できない部分となっています。

シンさんは、以前にもこの手の問題がありましたので、アドレス帳は本当はメールソフトやgmailの中で管理せずに、EXCELなどで管理をして、コピーをして使うようにしなくてはいけないかもしれませんね。

人に迷惑をかけないやり方としては、そういうことも検討が必要ですね。ただ、gmailアドレスは、スマホと共有していたりもしますので難しいところですが。』

 以上経過報告をしますが、私から横文字の変なメールが届きましたら、開けずにぜひ削除するようにお願いします。ただ、10人ほどの私がよく知っている方ですので、大半の方には、多分あまりご迷惑を掛けることはないと思います。

 それにしても、WindowsLiveMailまで乗っ取られたのかな。先日の新聞に載っていた記事だが、インターネットで任意の感染したページを開くと、それだけでウィルスに感染する強力ウィルスが出現したという。われわれは、この事態にどう対処したらいいのだろうか。

 とりあえずは、登録した方にお詫びのメールを出しておこう。

| | コメント (2)

2013年2月 8日 (金)

№1870 電子手帳を買う

 最近、いろいろなショップを訪ね歩いても、ほとんど欲しいものはない。とはいっても、欲しいと思うものは、後先も考えずにパッと買ってしまう悪い癖がある。

 池袋の大型電気店で人と待ち合わせていたのだが、時間があったので店内をブラブラ散策していた。まず行くのは、パソコンの売り場だ。Windows 8がどうなのかいじってみたいと思っていた。そしたら、目についたのが電子手帳売り場だ。

 俳句教室では、皆さんが電子手帳で季語検索をしている。私は、大きな【歳時記】を持参して臨んでいるのだが、いかにも仰々しいし、重い。たまたま、女房が電子手帳を持っていたので、それで【歳時記】を検索した。なかなか便利なものだ。いつかは自分も欲しいと軽くは思っていた。

 それが、電気屋で目にすると、本当に欲しくなった。担当の係員に聞いてみたら、どんな電子手帳でも、歳時記は標準装備されているという。さらには国語辞典類、百科事典系、英語をはじめとする語学辞典、等々さまざまな辞典が搭載されているという。

2013_0206_093546p2060016
 お勧めの電子辞書は何かと問うて見た。「この電子辞書ですよ」と勧めてくれたのが、カシオの【EX-word】という電子辞書だ。先日まで34,000円で売っていたのだが、新機種が出たので型落ちで半額になったという。

2013_0206_093649p2060019 目的の【歳時記】を見てみた。何と三種類もの歳時記が載っていた。『現代俳句歳時記』、『ホトトギス俳句季題便覧』、『合本俳句歳時記』だ。

 さらには、いろいろな遊びも出来るようだ。目についたものだけをあげてみると、『ブリタニカ国際大百科事典』、『里山の野鳥ハンドブック』、『デジタル植物図鑑』、『料理の基本がわかる本』、『冠婚葬祭マナー辞典』、『数え方事典』、『家庭医学大辞典』、『ビジュアル・ワイド日本の城』、『クラッシック名曲2000』、『ひとり歩きの会話集』、『ビジネス用語辞典』、『日本史・世界史辞典』等々である。

2013_0206_093626p2060018 ちなみに、外国語では何語が搭載されているのだろうか、検索してみた。英語はもちろん、スペイン語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、韓国語、タイ語、ロシア語、ブラジル・ポルトガル語、フィリッピン語、トルコ語、ベトナム語、インドネシア語、マレー語等16言語だ。

 昨年行ったベトナム語を開いて見たら、音声まで出てくる。さらにクラッシック音楽を聴くと、音声付でクラッシックが聴ける仕掛けだ。モーツァルトの【アイネ・クライネ・ナハトムジーク】を聞いてみたが、音が割れているとはいうものの聞けないわけでもない。

 えいやっと、その場で衝動買いをしてしまった。自宅で女房に見せたら、「私の電子辞書と交換しよう」だって。そうはいくか!

 あまり海外で語学が必要と思ったことはないが、海外旅行にも役に立ちそうだ。

| | コメント (0)

2012年12月30日 (日)

№1830 ウィルスの除去

 昨日、那須から帰ってきた。

 それにしても、今回の那須滞在は大災難だった。暮の那須で、ゆっくり温泉に浸かろうという目論見はあえなく破産した。原因は、Gmailの乗っ取り騒ぎだ。私のメールアドレスが乗っ取られて、私のアドレス帳から勝手にメ-ルを送信するというウィルスに罹ってしまったのだ。

 私が何かパソコンをいじったのが原因ではないかと心配したのだが、YAHOOのトップページのトピックスにも出ていたが、大々的なGmail攻撃のウィルスだったようだ。私だけでなく、Gmailを便利に使っている大勢の人が攻撃にあったという。

 幸い、今のところ私のメールが送られた方に二次被害が報告されていないのは有難い。ただ、Naoko先生は「まだまだ油断しちゃだめよ」とのことだ。私のメールアカウントをより複雑なものに変更しようと、アドレスを替えた際に、従来の6ケタのパスワードから14ケタのパスワードに替えた。

 さらに、攻撃された時の対策として、私の古いメールアドレスで送られたメールは、開かずに削除するようにとのことだ。このブログを読んでいる方は、ぜひ実行していただきたい。皆さんにも、これを機会にメールアドレスとメールアカウントをより複雑なものに替える事をお勧めしたい。

 私は長年Gmailを使用しようしてきた。Gmailは、比較的確実にウィルスをブロックしてくれていたからだ。それが安全でないとなると、やはり自分で自分を守らなければならないね。

 埼玉の自宅に帰って、私のデスクトップパソコンを開けたら【ウィルスに感染しています】という注意書きが出ていた。2件のウィルスに罹っているとのウィルスバスター会社からの警告だった。私はウィルス対策ソフトを入れていたつもりだったのだが、期限切れになったのだろうか。

 2件のウィルスの内の一件はシステムレジストリに【高度のウィルス】、もう一件はファイルスステム/フォルダーが【深刻なウィルス】に罹っているという。早速、このウィルス会社に金を払い込んで、ウィルスを除去してもらうことにした。

 作業は、まず私のパソコンのオブジェクトを読み込む作業から始まった。何と1時間20分もかかって、500万件余りのオブジェクトを読み込んだ。その中で、深刻な被害にあっているのは、ファイルに入りこんだ1件のウィルスのようだ。

 プロダクトキーを登録して、ウィルスを除去した。そしたら、【おめでとうございます。無事に除去ができました】という表示が出た。まずは、このウィルスが除去されたのだ。さらに、毎週日曜日に一回、ウィルスバスターがパソコンを監視するように設定しておいた。

 ヤレヤレ、これで安心。それにしてもGmailのウィルス感染の騒ぎがなければ、この作業も怠っていたのかもしれない。この感染したウィルスも、Gmailの影響だったのかどうかは分からない。

 それにしても、踏んだり蹴ったりの年末だった。

| | コメント (2)

2012年12月28日 (金)

№1827 注意:緊急のお知らせ

 今日のお昼前、私のGmailがウィルスに感染したことがわかりました。初めてのことです。症状は、私のアドレス帳を通して登録していた皆さんに英文のホームページが届いていました。これがどういう影響を持つものなのか、今のところはわかりません。一番心配なのは、皆さんのアドレス帳が、さらに友だちに感染して行かないかどうかです。

 このことが分かったのは、友だちから「シンさんの名前で変なメールが届いているよ」との指摘でした。急いでメールを開けてみたら、何人の方からも同様の指摘のメールが届いていました。

 困ってしまい、パソコン教師Naoko先生に相談しました。「わたしにもシンさんから変なメールが届いているよ」と、矢張り指摘されました。多分、私のアドレス帳には300数十人の登録がありますが、ほとんどのアドレスにそのメールが行ったのだろうと推測されます。

 そのメールに添付ファイルがついているときは、絶対に開けないでください。さらに、そのメールを削除するようにお願いいたします。

 Naoko先生にまずはGmailを閉鎖しましょうと言われた。とはいっても、300人余りのアドレスを再入力するのは、これは大変なことです。アドレス帳は、とりあえずUSBに保存して下さいとのこと。とはいってもアウトプット・インプットはしたことがないのです。先生が電話で懇切に指導してくれました。

 とりあえず、USBにアウトプットしたことを確認して、従来のGmailは閉じることにしました。閉じ方もわかりません。これも先生から電話指導を受けました。そして、無事私の今までのGmailは閉鎖されました。これ以上、私のメールから感染することはありません。ただ、今までのメールは読めなくなりましたが、それはやむをえませんね。

 その上で、新たなメールを開設しました。矢張りGmailが慣れていますので、この無料メールを活用することにしました。そして、新たなアカウントを取得し、それにUSBに保存しているアドレス帳をインプットしました。無事に出来ました。

 そのアドレス帳を通して【お詫びとお願い】のメールを全員ではありませんが、200人ほどにお送りしました。新たなアドレスもお知らせしました。

 これで充分かどうかは分かりません。皆様に今後何かご迷惑がかかることがありましたら、ご連絡ください。解決に向けて、一緒に考えていきたいと思います。

 年末の忙しい中、この件でほぼ半日潰してしまいました。メール感染は初めてのことなので、果たして皆さんにどういう迷惑がかかるのかと思うと憂鬱です。

 とりあえずは、お知らせとお詫びです。どうぞよろしくお願いいたします。

  なお、この件でNaoko先生が詳しい記事を載せています。ご心配な方は、先生のブログ記事をご参照ください(下線をクリックすると、当該記事を読むことが出来ます)。

| | コメント (3)

2012年12月16日 (日)

№1815 スマホ講座・初級編を受講

Pc150003 【中高年のためのワイワイ・スマートフォン講座・初級編】を受講してきた。今年の10月7日に入門編を受講し、記事に書いてある。入門編を受講した後に、私自身、スマホを購入した。そして、ものすごく便利に使っていることは、何度も記事にしている(太下線をクリックすると、当該記事に行く)。

 ただ、私が使っている機能は限定されており、メールやブログのアクセス数の確認、電話機能等だけだ。ほとんどアプリは使っていない。スマホには、きっと、もっと便利な機能が満載されているのだろう。この講座を受講した由縁である。

 スマホ講座の先生は、いつものNaoko先生だ。講義会場に行ってびっくりしたのだが、受講者10名の中で男性は私一人だけだった。Naoko先生には、「《繭の里通信》で有名なシンさんですよ」と私を紹介していただいた。ほとんど初対面の参加者の内、なんと半数近くの方は、私のブログを承知しているようだった。恐縮してしまった。

Pc150002
 さて、講座は手作りのテキストをもとに進められた。使ったスマホはSoftbankのものだった。私が使っているDocomoの機種とは、若干違っているようである。最初は基本的な操作方法だ。スマホを買ってもう2ヶ月近くになるので、スマホの基本操作はほぼ問題なく出来た。

 メモ帳アプリから【単語登録】をする練習をしたが、どうもDocomoのスマホでは、その登録ができない。読み取りカメラを使っての名刺リーダーなど難なく出来た。ところがDocomoにはその機能がない。音楽を聴く機能も便利なようだったが、私は今までやっていない。Naoko先生に「SDカードにインストールすると聴けるのよ」と言われ、自宅に帰ってから試してみることにする。

Pc150001 カメラで撮った写真を、スマホから自分のパソコンに飛ばす機能なども便利なようだ。Dropboxを使うようだが、これも今後の研究を待ちたい。「クラウド経由で、スカイドライブでもできるのよ」と説明していたが、これもチンプンカンプンだった。

 今日の講義で分かったのは、私はスマホのほんの一部の機能しか使っていないのだ。それが分かっただけでも有益だった。2時間の講座だったが、あっという間に終わってしまった。もっと聞きたいことがたくさんあったのに…。

 帰ってきて、とりあえず聞きたいことを列記してみた。

◎「お気に入り」の設定

◎単語登録(Softbankとは違うようなので)

◎名刺リーダー

◎音楽のダウンロードの仕方

◎クラウドコンピュータへの入り方

 いちいちNaoko先生に聞くのも申し訳ないので、近いうちにDocomoショップに行って聞いてみることにしたい。

| | コメント (2)

2012年11月 9日 (金)

№1,773 スマホの有料アプリを全部はずそう

Pb080003
 10月下旬に、今まで持っていた携帯電話をスマートフォンに替えたことは報告した。今までの携帯電話とは使い勝手がまるきり違い、戸惑うことが多い。その都度、ドコモショップに駆け込む日々が続く。

 留守電機能をつけているのだが、入ってきた留守電をどうやって聞くのか、実は分からない。ドコモショップに行って聞いたら、「電話帳に留守電番号の1417を登録しないと聞けません」というのだ。ことほど左様に、今までの携帯電話とは違う。

 ドコモショップに行ったついでに、不必要な課金アプリをはずしてもらうことにした。ずいぶんたくさんの有料アプリが登録されていた。以下にあげてみよう。

 ◎地図ナビ月額315円、◎iチャンネル月額157.5円、◎iコンシェル月額105円、◎あんしん遠隔サポート月額420円、◎dwango.jp月額315円、◎駅探DX月額210円、◎フジテレビ月額315円、◎ビデオストア月額525円、◎PTプレミアム月額315円、◎BooksMart月額525円の10種類、合わせて月額3202.5円である。

 恐ろしいことに、アプリをはずす手続きをしないと自動課金される額である。しかも、dwango.jpなどは携帯電話時代からの一度も使ったことのないアプリだったらしい。知らないうちに、携帯料金に上乗せになっていたのだ。

 ドコモショップのお姉さんと一緒に一個一個外していったのだが、中にはわざと外しにくくしているアプリもあった。専門家のお姉さんでも「あら、どうやって外すのかしら?」と何度か試みて、ようやく外れるのだ。本当に悪質だな。ドコモもドコモで、こういうアプリを平気でつけているのは問題だ。消費者も自分で防御しなければならない時代だ。

 そして、課金されているアプリをすべて取り除いた。ただ、画面にはアプリが残っている。これが意外と電気を食うのだそうだ。「いらないアプリを画面から消去しましょう」と、大分取り除いてくれた。あと画面に残っているのは無料アプリだけだ。まあ、徐々に外していきましょう。

 スマホを持って20日近くになるのだが、使うのは電話機能、携帯メール機能、パソコンのGmailを読む機能、私のブログを読む機能、ブログを書く機能、アクセス数を読む機能、テザリングで私のモバイルパソコンに繋ぐ機能だけだ。他のアプリは使っていない。まあ、これだけ使えれば十分、と満足している。

 使ってみて驚くのは、電池の減りが激しいことだ。毎晩充電をしているのだが、昨日一日持ち歩いていたら、25%に減っていた。まあ、大画面だから減りが激しいのもやむを得ないかな。しかし、これだけ電池が減ると、電池の消耗も早いのだろうね。

 そして、先日受講した《生涯学習普及協会》からメールが届き、12月にスマホの初級者講座を開くという案内だった。まあ、今の機能を使えるだけで満足しているのだが、それでも受講してみよう、と早速申し込んだ。Naoko先生が講師だという。

 それにしても、スマホは携帯ではなく、パソコンなのだなとつくづく思う。

| | コメント (2)

2012年10月25日 (木)

№1,758 パワーポイント作成のお手伝い

 わがクラスのAoちゃんとKeikoさんが、11月に行われる【合同研修会】で『民生委員の仕事』というテーマで発表することになった。申し訳なかったが、お二人には私から無理をいってお願いしたことだ。その代わりに、発表のためのパワーポイント作りのお手伝いをする約束をした。

 朝9時に県活に集まったのだが、すぐに出来上がると思ったが、なかなかどうして3時間半もやったのに、道半ばで時間切れとなってしまった。

 Keikoさんが新品のパソコンを持ちこんできた。あまりにも新しいので、「最近買ったのですか」と伺うと、なんと買ってもう1年もたつという。ほとんど開かないし、触ってもいないとのことだった。もったいない!

 あくまでも、彼女を中心にパワーポイント画像を作ってもらうつもりで、私はサポートに回った。彼女は、パワーポイントのソフトを使うのは初めてとのことで、その楽しさもわかっていただきたい。なるべく私は助言だけで、パソコンには触らないようにと心がけた。

 まずはパワーポイントの文書デザインを選ぶことから始めた。ただ、このデザインは画像が出来た後でいくらでも直しがきくので、仮のものだ。そしてタイトル画像を作り、新たなスライドを6枚ほど作ってみた。そして、スライドに次々とタイトルを入れていった。タイトルの色とポイント数は同じに設定した。

 スライドタイトルができたら、中身を作って行く。お二人は民生委員の仕事が長く、たくさんの資料を持ってきていた。ただ、有難いのは紙ベースの資料だと加工に大変なのだが、全部USBにその資料を保管してくれていた。そうなると、この資料は縦横無尽に使える。

 資料をコピー&ペーストで切り取る方法は簡単なものだ。Keikoさんでも難なくこなせた。さて、撮ってきた写真を貼り付けよう。彼女のパソコンには、PhotoshopElementsのソフトは既にインストール済みだ。しかし、この宝のソフトは使ったことがないというからもったいない。

 PhotoshopElementsのソフトを開けてみた。シリアルナンバーを入れなければ正式には使えないという表示が出た。ソフトを買って、正式に登録していなかったのだ。シリアルナンバーは、そのソフトのケースに印字されている。「あら、捨てたんじゃなかったかしら」という。もう一度自宅に帰り、探してみようと言っていた。

 ただ、仮に使えるようだ。写真の切り取から、画像調整で明るさを自由にすることができる。その技術を教えてあげたのだが、「あら、なんと便利なソフトでしょう」と、初めて分かったようである。二人はパソコンクラブだが、まだそこまではいっていないようだ。本当に、パソコンのソフトには便利なものがたくさんある。

 文書の挿入、写真の貼り付け等で10枚ほどのスライドが出来た。それでは飾りに、クリップアートの画像を使ってみようと、様々なキーワードで検索をかけた。それが、画像に行きあたらない。どうしたことだろうか。念のために、自宅で私のパソコンでクリップアートを開けてみたら、【ありがとう】のキーワードで40個もの画像が見えた。Keikoさんのパソコンで見えないのは、何が原因だろうか。

 いずれ、今日の打ち合わせで10枚ほどのスライドが出来たのだが、これはまだまだ道半ばの作業だ。もっともっとスライドを見やすくする工夫が必要だし、アニメーションの技法も教えてあげることにしよう。

 ということで、3時間半はあっという間にたってしまった。もう一度11月になったら会うことにしよう。その時には、半日ではなく一日かけて、発表用のパワーポイントを完成させようと話し合った。

 この日は、私はなるべくマウスは触らないように心掛けたが、最後には堪え切れずについちょっと触ってしまったのは講師失格だ。

| | コメント (0)

2012年10月21日 (日)

№1,754 e-mobileの契約解除

 通信環境が、日進月歩で変化している事を実感する体験があった。

 私はこの3年間ほど、モバイルパソコンをe-mobileに繋いでインターネット接続をしている。今年の1月には新たな機種にも乗り換えた。ところが世の中はi-phoneとかi-padとかの新機種で騒がしい。先日、Naoko先生の『スマホ講座』を受講して、スマホの便利さにも目を奪われた。

 近くのドコモショップに行き、スマホの機種を体感してみた。そうしたら、そこの店員がいうには、「スマホはまたwi-fi機能も持っていて、パソコンに繋ぐと、インターネット接続が可能ですよ」と説明してくれた。テザリング機能だというのだ。初めて聞く言葉だ。

 念のために、私のモバイルパソコンをドコモショップに持ち込んで、テザリング機能でインターネットに繋ぐ実験をしてみた。そしたら無事に繋がり、結局はスマホを持っていると、e-mobileはいらないことにならないか。

 念のために、いまe-mobileにいくら払っているか請求書を確かめたら、何と6500円近くだった。さらに携帯電話代が4000円前後だ。その上、自宅には光通信を引いている。その金額がまた10,000円近い。何と、月々20,000円ものお金を払っていたことになる。いくらなんでも、年金生活者には辛い。

 スマホが、携帯電話機能とwi-fi機能を持っていてさらにスマホの機能を楽しめるなら、さらに今より大幅に安いなら、今使っているe-mobileはいらないことにならないだろうか。今スマホに乗り替えることにして、取りあえずは大宮に出てe-mobileの契約を解除してきた。相応の途中解除料金がかかったが、やむを得ない。

 そして、こういうことは深く研究した方がいいと、ドコモショップのほかに近所のAUの店にも相談に行ってみた。こういう携帯電話会社は、えらく親切で熱心なものだと感心してしまった。

 このAUの係員がいうには、「いま通信に新たな波が起こっていて、wi-macksやLTEという電波が急速に広がりつつある。ただまだ新しいので、通信エリアが狭いのだ。もう3年もすると全国に広がるが、今は一部の地域だけだ」という。

 那須の繭の里地区をカバーしているのか聞いてみたら、残念ながら今は黒磯や那須塩原駅周辺の地区しか電波はカバーしていないという。那須で使えないと、私にとっては意味がない。那須では、G3という電波は有効なようなのだが。

 さらに、ドコモショップでXi(クロッシィ)という機種をすすめられたのだがと問いかけてみたら、「クロッシィの電波は狭い範囲しか届かなくて、とてもじゃないが那須では使えないはずですよ」と教えてくれた。フ~~ム、そういうものか。ドコモでの聴き方が不十分だったと教えられた。

 今日明日にどうしても必要ということはないので、いずれ研究して、スマホの電波でモバイルパソコンに繋ぐことにしたい。Naoko先生にも、面倒かもしれないが、相談してみよう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧