« №2189 小雪舞う那須へ | トップページ | №2191 那須からのお土産 »

2013年12月24日 (火)

№2190 さて、沢庵はどうなっているか

Dsc00168
Dsc00169  那須に着くと同時に、沢庵の樽を開けてみた。前回も確認しているのだが、漬けた沢庵がしっとり濡れている。水が揚がるかどうかが問題なのだが、無事に水は揚がっているようだ。念のために、一本とりだした。漬けてから三週間ほど、大根には糠の黄色い色がまだ着色していないようだ。

 それでも食べることが出来るだろう。水道水で糠をきれいに洗った。包丁で切って、一切れ味をみた。まだ味が定着はしていないが、食べられないことはない。

Dsc00171  昨年入れ忘れたザラメ砂糖の味がほのかにする。塩加減を抑えたせいか、ほとんどしょっぱくない。もう半月も漬けておくと、今年も美味しくなりそうだぞ。ヨカッタ。

 向かいのOhnoのお父さんが滞在しているようだ。お父さんにも味見をしてもらおうと、差し入れた。翌日、器を返しながら感想を述べていた。「もう少し漬かる時間がほしいところだが、これはこれで美味しかったよ。大根の辛みが出ていて、私にはちょうど良かった」とのことだ。

 さて、お正月用に今回何本か自宅に持ち帰ることにしたい。

Dsc00172  先日、友だちのKamoちゃんたちが沢庵を漬けていった。樽の中を見てみると、無事に水が揚ってきているようだ。どうやら順調にいっているようだね。糠のブレンドは私と同じ量にしたので、私の漬かり具合を見た限りでは太鼓判だ。

 一月下旬には、もう大丈夫だろう。Kamoちゃんには、そのころ那須に沢庵樽を取りに来てもらいたい。連絡を取り合いたい。

|

« №2189 小雪舞う那須へ | トップページ | №2191 那須からのお土産 »

「あるるのいえ」での生活」カテゴリの記事

コメント

大ちゃん
コメントありがとうございます。
大根が豊作だったとのこと、
ぜひ沢庵作りも成功して下さい。
肝心なことは塩の量です。
干し上がったらその重量を測定し、
塩をお好みに応じて糠と混ぜて下さい。
私は5%ですが、ほとんどしょっぱくないです。
埼玉で漬けるには、もう少し塩を加えた方がいいでしょう。
成功をお祈りいたします。

投稿: シンさん | 2013年12月26日 (木) 09時43分

こんばんは…
シンさん私も今年は沢庵を漬けることにしました。というのも大根を多く作りすぎたためです。
今年の大根は昨年に比べるといくらか形が変な形になっているのが多くできました。
どういう事なのかわかりません?
それで沢庵を漬けることにしました。
青首大根を25.26本ほど今干しています。
それから漬けてみます…どうなることやら!

投稿: 大ちゃん | 2013年12月25日 (水) 18時19分

この記事へのコメントは終了しました。

« №2189 小雪舞う那須へ | トップページ | №2191 那須からのお土産 »