« №2188 俳句今年のベスト5 | トップページ | №2190 さて、沢庵はどうなっているか »

2013年12月23日 (月)

№2189 小雪舞う那須へ

 忘年会も一段落し、3日ほどの空白が出来た。そうだ、那須に行こうと突然決心した。スケジュールを見ると、この機会を逃すとしばらく那須に行く時間がない。

 それにしても、最近では少しでも時間があれば那須に来ている。自宅から那須までは車で142㎞ある。那須へは高速道路を使わずに、もっぱら国道新4号線を使う。この国道は、片側三車線区間もあり、ほとんど信号に引っ掛からない。100㎞/hのスピードを出しても、速度違反に問われることもない。

 自宅を出て、ほとんど2時間40分で那須に着く。この間、ノンストップだ。この距離を運転するのに、私は苦痛がない。むしろ、那須までの運転を楽しみにしている。だから、少しでも時間があると、「そうだ、那須に行こう」ということになる。

 数えてみると、今年那須に来たのは22回目だ。約90日である。那須に山荘を求めたのが2007年で足かけ7年になるが、例年大体那須に滞在するのは、コンスタントに90日前後だ。

 「那須に別荘を持っていると、さぞかしやお金がかかるだろう」と心配してくれる方もいる。ところが、那須にいるとほとんどお金を使うことがない。むしろ埼玉の自宅にいた方がお金がかかる。年金生活者として、できるだけ金を使わないようにと、那須に来ているようなものだ。那須では自炊で、めったに外食することもない。

 さらに、那須に滞在して有難いのは、静かなので読書がはかどる。夜九時くらいになると、布団に入り本を読み始める。眠くなると、電気を消す。そして、朝も目が覚めると同時に本を読み始める。この環境が良い。温泉に入るのも楽しみの一つだ。特に、寒い今の時期は、温泉でホカホカ温まるのが何よりの楽しみだ。

 今回は、お正月前に沢庵の様子を見なければならない。那須は物凄く物価が安い。お正月用品を買う必要もある。女房からは、「大根と里芋、ネギ、ニンジン、ゴボウ、タマネギ、卵を買ってきてね」とお願いされた。お安い御用だ。

 さらに、畑の収穫物も採って帰ろう。白菜、キャベツ、小松菜、チンゲン菜など食べられるだろう。しばらく那須に来れないので、飲み水も持って帰ろう。

 それにしても那須は寒い。自宅では快晴だった空も、那須に着いたら小雪がちらついていた。那須に到着して、すぐに水道栓を開けた。トイレの水が凍結しているらしく、なかなか水が出ない。しばらくしたらその凍結した水も出てきたのだが、これから那須は冬本番だ。

|

« №2188 俳句今年のベスト5 | トップページ | №2190 さて、沢庵はどうなっているか »

「あるるのいえ」での生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。