« №1,154 【男の料理教室クラブ】発足式 | トップページ | №1,157 那須で春の備え »

2011年3月12日 (土)

№1,155 観測史上最大の巨大地震

 那須に来ている。昨日は、畑を耕しにきていた。汗をかいて耕していたら、クラクラッと眩暈がした。どうしたことだろうと訝っていたら、そのうちグラグラッと大きな揺れだ。オ~~ッ、これは地震だと思う間もなく、地面が波打つほど揺れ始めた。結構長い時間だ。

 立っていられなくて、持っていた鍬を支柱にした。久し振りに地面が波打つのを見た。という間もなく、第2波、第3波の揺れがやってきた。周りの木や電線も大きく揺れている。木が倒れてしまうのじゃないか、心配になった。

 しばらくボーっとしていたら、近所のShiratakiさんが顔を出し、「自宅が棚から物が落ち、滅茶苦茶になってしまった。こんなところにいないで、早く家に帰ってチェックしたほうが良いよ」と話した。

 そうだと思い、急いで自宅に帰った。幸い自宅は、棚から食器がいくつか落ちている程度だった。片づけをし、掃除機で細かいかけらを吸い取った。向かいのOhnoさんの家に顔を出してみたら、矢張り棚から酒瓶などが落ちていたが、そんなに大きな被害はないとのことだ。

 自宅に帰ってテレビをつけた。いやいや、すごい地震だったのだ。当初マグニチュード7.2といっていたが、それが8.8に変更になった。マグニチュード8.8などという大きな地震は聞いたことがない。矢張り、観測史上最大の巨大地震だったのだ。

 テレビというのはすごいもので、刻々とリアルタイムで被害の状況が映し出された。震源は三陸沖だったようだが、その地震が誘発となり茨城沖でもマグニチュード7.2の地震だったらしい。

 それにしても、津波の恐ろしさをこれほどリアルに見たことがない。気仙沼や釜石の津波が映しだされたが、そのうち名取川河口の大津波が映ってきた。すべてのものを飲み込んで、上流に向かって襲いかかる迫力は身震いするほどだ。これは大被害だな、と茫然と画面に見入った。

 10m以上の巨大津波だったらしいが、津波は経験しないと分からないのだろうが、ものすごい勢いとスピードで襲いかかり、逃げる間もなかったのだろうな。これは相当な被害が予想される。

 火災もあちこちで起こったようだ。特に千葉の市原の燃料タンクの火災はすごい火力だった。それだけでなく、あちこちの火事が映し出された。津波の中でも燃えている火災に、石油の火災だろうなと思った。

 結局夜になり、被害の全体像が分からないまま日が暮れた。そして、今朝のテレビを見ていたら、死者は1000人以上で、一体どのくらいになるのかは分からないという。

 今朝は、新たに原子力発電所が危険な状態、というニュースが流れ始めた。放射能が漏れたら、えらいことになってしまう。

 先日、ニュージーランドのクライストチャーチ大地震のニュースを聞いたばかりだった。ネットニュースを見ると、このニュージーランド地震と無関係でない、という説が展開されていた。

 いずれどのくらいの膨大な被害になるのか、心配しながらも注視したい。

 最後になりますが、今回の地震で被災した方には心からお見舞い申し上げます。

|

« №1,154 【男の料理教室クラブ】発足式 | トップページ | №1,157 那須で春の備え »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

Kazuさん

コメントありがとうございます。
それにしても、大変な地震でした。
高速道路が閉鎖になり、
一般道がものすごく混んだでしょうね。
交通難民が多数出た中で、
5時間半かかっても帰れたのは良かったですね。

投稿: シンさん | 2011年3月12日 (土) 17時22分

天災の恐ろしさを思い知らされました
私はその時、栃木の鷹ゴルフでプレー中
生まれて初めての異様な光景を目の当たりにしました
カート道路も一部亀裂が入りました
帰り道、一般道で5時間半かけ、無事我が家に到着
ホッとしました
皆さんも、被害ないことを祈ってます

投稿: kazu | 2011年3月12日 (土) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: №1,155 観測史上最大の巨大地震:

« №1,154 【男の料理教室クラブ】発足式 | トップページ | №1,157 那須で春の備え »