« №1,110 写真の縮小 | トップページ | №1,112 今年も【ゴルフ仲間の新年会】 »

2011年1月27日 (木)

№1,111 宿敵の韓国戦

 私もそうだったが、皆さんも昨日は眠そうだったね。多分、アジアカップの日韓戦を見ていたんだ。そういう私も、当然のようにテレビ観戦しましたよ。本当は12時過ぎに終わって寝に着くと、充分に睡眠が確保される予定だった。それが、延長戦を戦い、PK戦にまでなって、終わったのが夜中の1時過ぎだった。何と、テレビの最高視聴率は40%を超えたという。

 不思議なもので、あのような盛り上がった試合を見た後は、脳が興奮していてなかなか眠れないものだ。輾転反側して、結局睡眠に入ったのが夜中2時半ころでなかったのか。そして、6時前に目が覚めた。昨日一日は、久し振りに欠伸の連続だ。

 それにしても、実力の拮抗した良い試合だった。アジアのサッカーのレベルは、予想以上に高い。

 前半早々にPKで先取点を取られてしまった。しかし、今回のJAPAN代表は不安を感じさせない。今までの代表にはない、得点能力の高いチームに仕上がっている。前半の36分に追いついた。しかし、この後は膠着状態が続いた。日本にも何度か決定的なチャンスがあり、韓国にもあった。しかし、得点を上げられずに延長戦突入だ。

 延長戦は、2日前に延長戦を戦ったばかりの韓国よりも、日本の方がバテていた。こりゃダメかなと思ったら、思わず岡崎がPKを獲った。蹴るのは本田圭佑。前の試合のPKでも危うかった本田に心配した。案の定キーパーにPKを止められたが、そのあと飛び込んだ細貝がよかった。何とか1点をもぎ取った。

 そのあとは防戦一方だったね。解説者もいっていたが、守るためにデフェンスラインが下がり過ぎると、かえって危ない。最後は5バックで守ったが、延長戦終了間際に同点ゴールを決められてしまった。流れは完全に韓国にあった。

 PK戦になったが、ダメかなと諦め気味だった。しかし、PKの第一番目に打った本田が見事右上ゴールを決め、さらに韓国の第一番目シューターががキーパーに止められてしまった。これで流れは完全に逆転した。PK戦は、3対0で日本の圧勝だ。ゴールキーパー川島のナイスセーブだ。

 前回のアジアカップでは、やはり準決勝でPK戦になり韓国に敗れている。そういう意味ではおあいこだね。しかし、PK戦はどちらに転ぶかわからない。実力とは関係ないのだ。ザッケローニ監督が、「どちらのPKもPKではなかった。一丸となれるチーム精神が日本の特徴」といっている。たしかに、今回のJAPANは精神力が強い。先取点を獲られても、10人と一人足りない状態で戦っても、負けるような気がしない。

 皆が優勝を目標に戦っている証拠だ。このまま、決勝戦でもオーストラリアを倒してもらいたいと思う。しかし、相手も相当な強豪だぞ。

|

« №1,110 写真の縮小 | トップページ | №1,112 今年も【ゴルフ仲間の新年会】 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №1,110 写真の縮小 | トップページ | №1,112 今年も【ゴルフ仲間の新年会】 »