« №1034 【太極拳クラブ】の打上会 | トップページ | №1036 那須の晩秋の作業 »

2010年11月13日 (土)

№1035 枯葉舞う、晩秋の那須

 スケジュール表を見ていると、なかなか那須に行く時間が取れない。今回たまたま2日間の空きがあったので、取るものもとりあえず那須にやってきた。

028 001 003 010  那須は今が紅葉・黄葉の真っ盛りだ。風もないのに、落ち葉がサラサラ落ちる音が聞こえる。一人でこの紅葉に浸りきる。こういう落ち葉の時期にぴったり出会うということは、なかなか無い。もう2~3日もするとほとんど落ちてしまうだろう。

015  「あるるのいえ」の周りは、落ち葉で埋まっている。熊手を持ち出し、枯葉をかき集めた。あっという間に、枯れ葉が山のようになった。いずれ枯れ葉を集めて堆肥を作るつもりである。しかし、今回は燃やしてしまおう。

 しかし、ただ燃やすだけではもったいないと思い、サツマイモを買ってきた。それをホイル017 で巻き、新聞紙でくるみ、水道水で濡らした。そして、燃える枯れ葉の奥に突っ込んだ。以前、この枯れ葉に灯油をかけたら、サツマイモが灯油くさくて食べられなかった。

019  今回は、新聞紙を種火にして火をつけた。乾いている枯れ葉は、勢いよく燃えている。街中では、今は枯れ葉を燃やす風景には出会わない。本当にのんびりして、良いね。

  とはいっても、その焼き芋も、焼け跡からあげてみたら、炭になっていた。焼き過ぎだったね、ウ~~ム、ザンネン。

 那須に着いたら、近所のAkutsuさんに、「紫陽花の木があるんだが、いらないかね」と声をかけられた。5本もあるという。そんなにたくさんはいらないが、まあ、一応いただいておくことにした。

011  向かいのOhnoのお父さんが那須に来ていた。Ohnoさんに声をかけて、2本貰っていただくことにした。

 いただいた3本の紫陽花を、「あるるのいえ」の道端沿いに植えこんだ。既存の3本の紫陽花とともに、この家は紫陽花通りになった。さて、来年の6月にはキレイな花をつけてくれるのだろうか。

027

|

« №1034 【太極拳クラブ】の打上会 | トップページ | №1036 那須の晩秋の作業 »

「あるるのいえ」での生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« №1034 【太極拳クラブ】の打上会 | トップページ | №1036 那須の晩秋の作業 »