« No.750 富士山を眼下に | トップページ | №752 長崎ぶらぶら旅 »

2010年2月 6日 (土)

№751 九州旅行ー能古島へ

 昨年11月、福岡からSeikoちゃんが上京して飲み会があった。参加者は12~3名いたのだが、その席で九州旅行の提案をした。呼びかけに応じて九州旅行に参加したのは、Amiちゃん、Kiyomiさん、Michiちゃんと私の4人だった。
 幸い、福岡にMasaakiさんの実家があり、空き家になっているので泊ったら、という提案に喜んで乗せてもらった。彼も付き合ってくれるという。久し振りの九州旅行となった。
  福岡空港では、SeikoさんとMasaakiさんが待っていてくれた。みなさん、普段の行いが良いせいか、福岡の天気も快晴だ。

1010_2  地下鉄で姪の浜まで行き、フェリーで能古島に渡った。この島での昼食は、Seikoちゃんの同窓生がやっている「かもめ」食堂を彼女が予約してくれていた。その食堂ではお母さんの大歓迎を受けた。
1005 1007  鰆とタイのお刺身がとっても美味しかった。お腹が空いていたので食べること食べること、すごい食欲を発揮した。海鮮丼に、かもめ定食、普段は小食のAmiちゃんまで、大盛りをペロッと平らげてしまった。
1011_3  島の探検に乗り出した。島のガイドを見ると「アイランドパーク」という公園があるらしい。バスで10分とのこと、行ってみた。広々とした公園だった。
 冬のせいか、観光客は少なかった。広々とした公園を独り占めだ。
1027_2  「日本水仙」が満開だった。その斜面からは志賀島が手に取るように見えたし、福岡ドームも指呼の間である。
 能古島は、花の島だという。桜の花が250本ほど咲くというし、菜の花、さつき、紫陽花、コスモス等季節季節に楽しめるらしい。
 たまたま、この公園の地主のおばさんと出会った。おじいさんが昭和16年50,000坪の土地を買い、徐々に木や花を植えていってこのような楽園になったらしい。

1032  そのおばさんの話が耳に残る。「この島は、日本一住みやすい島だよ」と言っていた。気候温暖だし、花に恵まれ、しかも井戸を掘ると良い水が湧いてくるとのことだ。
 ただ、この広さの公園の手入れは本当に大変だろうねと同情した。
 この島には壇一雄の文学碑もある。『火宅の人』の舞台の島でもあるのだ。
 天気も良いし、本当に島をのんびり堪能してきた。

|

« No.750 富士山を眼下に | トップページ | №752 長崎ぶらぶら旅 »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

Naoko先生
コメントありがとうございました。
博多の魚を堪能して帰ってきました。
取れたての肴って、とっても甘いんですね。特にお刺身が美味しかった。
それでも玄界灘が荒れていて、あまり良いお肴をご馳走できないと恐縮されましたよ。
博多の人は、血が熱いですね。
もう2~3回、九州旅行の話を続けます。

投稿: シンさん | 2010年2月 7日 (日) 21時41分

福岡もいいところでしょ?

といっても私も18歳までしかいませんでしたので、ちっとも地元のことがわかっていません。でも食べ物はおいしいものがいっぱいありますよ。
福岡の屋台でも遊んでほしいな!不況で中州の飲み屋街は閑散としてきているらしいですけど、ふぐ料理や水炊きのお店、ステーキも最高においしいお店などがありますよ~。

投稿: パソコン講師なお | 2010年2月 7日 (日) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No.750 富士山を眼下に | トップページ | №752 長崎ぶらぶら旅 »